ブログランキングに参加しています。にほんブログ村 健康ブログ 自力整体へ クリックお願いします。

自彊術の普及に努めた 十文字 大元(じゅうもんじ だいげん)氏と 十文字学園

自彊術を考案したのは中井房五郎氏だが、自彊術道場を作ったり、自彊術の解説本を出版したりと、私財を投じて普及に努めたのが、十文字 大元 氏だ。現在の自彊術につながっている。

Bending and stretching exercises0430.png

十文字 大元(年齢不詳)氏。著書 自彊術の解説と実験談(googleブックス)から転載。


十文字氏は、日本で初めてのガスメーターを開発し、水道メーターなどの製造・販売する金門商会を創始した実業家で発明家だった。活動写真の弁士もやっていた記録とされている。

十文字氏が神経痛を病んで治療を受けたのが、透視能力を持った天才的治療家の中井房五郎氏。中井氏の手技療法によって治癒したのがきっかけで、誰でも自分で出来る治療法はないかと中井氏に相談する。

自彊術が最初中井先生によって教示せられた時に、私は私の微力の有らん限りをつくして、その宣伝に当たるべきを誓ったのであった。当時私の病手はいまだ充分に執筆の自由を許さなかったけれども、先生の示されるがままに、これを筆記し、同席の諸君と共に実演を試みつつ、2時間ばかりの間にその全部を完了したのであった。

その後練習を積むに従って、その効果の顕著なるを知ったのであるが、先生は各動に対する説明を求める者に対して、常にこの体操は31動を以て、1個の完全なる体操とするものであって、その全部を行うにあらざれば、充分に目的を達することが出来ないのである。

従ってこれを部分的に行うべからざると同時に、部分的に説明する要なきものである。殊にその効果の如きも一々これを挙げて言う必要はない。只これを実行しさえすれば、千差万別の体躯は格別にその効果を体得するに至るのである。しかもその千變萬化の効験は到底これをつくし得られるものでない。

仮に第1動にはかくかくの効果が有り、第2動にはこれこれの効験が有るといえば、これを聴く者の多くは自己の健康状態に鑑みて、銘々勝手にこれを行うと云うことになるから、反って全一の効果を得ない事になる虞(おそれ)が有る


と云われて、その後「自彊術」の著書を刊行されるに際しても、各動に対する説明はすこぶる簡明に、その効果に関しては片言も費やされずして今日に至っているのである。・・・
(自彊術の解説と実験談から抜粋転載)

人間は健康を保つためには、毎日自ら彊(つと)めて休んではいけないという意味で「自彊術」と命名し、十文字氏は、この体操を広く普及させたいと私財を投じて自彊術道場を建設する。道場を無料で開放するほかに全国各地で講演や実演を行った。

大正13年12月21日、57歳の若さで逝去しているが、十文字氏が創始した会社は現在も続いているのだ。


十文字学園(東京都豊島区北大塚1-10-33)は、十文字氏の妻こと氏が大正11年に(前身は文華高等女学校)創立している。

こと(旧姓は高畑)氏は、女子高等師範(現在のお茶の水女子大学)を卒業、京都府尋常師範学校女子部(現在の京都教育大学)の教諭、東京市本郷区龍岡町(現在の東京都文京区湯島4丁目)の日本女学校(相模女子大学)教諭を勤めている。

夫の十文字氏が、全国規模で普及活動を行っていた自彊術による体操を、学園の身体教育に取り入れ、現在も同校では朝礼後に、十文字学園伝統の自彊術体操が行われている。

こと氏は84歳で逝去されているが、現在90年の歴史ある十文字学園は、自彊術と共に未来永劫続いて行く。
 
posted by みなさぶろう at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 十文字 大元: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松平 康國 著「予の実験せる自彊術」には十文字大元氏を誉める言葉が載っている

jikyo001.gif


侯爵 松平 康國(まつだいら・やすくに)が書いた「予の実験せる自彊術」と云う本が大正9年に出版されているが、十文字大元氏を誉め称える言葉が載っています。

matsudaira.500.png


中井先生の書いた自彊術の本は、運動に熱心な人達に読ませる目的であって、今日まで広告もされず販売も許されなかったので世間には知られていず、また自彊術の効力がひとつも書かれていない。やらない人には自彊術の良さが伝わっていなかった。

自彊術が世に普及しないことは、深く遺憾とする所であって、一日も早く一人も多く知ってほしく、自彊術とは如何なるものかを世に紹介する次第である。

世の中には大げさな看板を出して、何法何術と名乗って居る者は、入会金とか授業料とか云って50円の100円を取る者がある。通信料を取る者がある。金持ちや貴顕(きけん-身分が高く、名声のあること)に取り入ろうとする者がある。

しかるに十文字君は、自ら巨万の私財をなげうって造った道場を一般の人に開放して、修繕も維持も皆自分でその費用を負担され、道場に来て練習する者からは一銭の費用や報酬をも受け取らず、「運動で身体の良くなった者が、自分と同じ様な病弱者に同情して、一人でも多く誘導するこそ、この上もない報酬である」と言われている。

中井先生の話に「自分がこれまで大病を癒してやった金持ちは幾人あるか知れないが、いずれも治ったら必ず御礼の為に道場を建てますと言いながら、一人もその約束を履行した者はない。しかるに十文字君だけは言ったことを忘れず、しかも金も惜しまずこのような立派な道場を建てられたのは見上げた方である」と。


松平 康國 著「予の実験せる自彊術」から流用転載 イラスト:みなさぶろう

 
 
posted by みなさぶろう at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自彊術について: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自彊術9動は、首の周りに集まるツボを刺激し、新陳代謝を活発にする運動。

第9動 首筋をたたく運動

Bending and stretching exercises09−1.png

首筋には無数のツボが集中し、首は急所だから力を入れてたたいてはいけない。疲れてだるい時などは、この運動が効果的です。
池見酉次郎(いけみゆうじろう)著/自彊術入門より抜粋転載



インターネットで公開されている自彊術(中井房五郎 著/出版年月日:大正7年)
Bending and stretching exercises09.3.png
図1のごとく頭を右の方に傾け、右手の上小端にて耳下の頸筋を6回打ち、次に図2のごとくに右方を左手にて6回打つ。またついでに仰向きてアゴ下を数回軽く打つ。 (注意)敲打の強度は頭脳に振動を感ずるを程度とす。
イラストと文章:近代デジタルライブラリーから流用転載

 
posted by みなさぶろう at 15:38 | Comment(0) | 自彊術 第6動 〜 第10動: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自彊術の第8動は、頭を左右に振りまわすストレッチ運動で、肩と首の自力整体!

第8動 頭を左右に振り回す運動
第6動、第7動、第8動の一連の首振り運動は、頭を重りにして、七つの頸椎を、前後左右に勢いをつけて振り、リンパ線や気管をを伸ばす運動です。

初めはゆっくり行い、めまいがしたり、フラフラする人は型だけをやるつもりでゆっくり、静かにやるのが良いそう。首筋の自力整体・マッサージです。


Bending and stretching exercises08.png

Bending and stretching exercises08-2.png

イラスト:近代デジタルライブラリーから流用


Bending and stretching exercises08-2.gif

第8動の運動でアゴが肩の上まで行かない人は、耳鳴り、ツンボ、不眠症、短気で怒りやすいそうですが、耳鳴り、ツンボ、短気で怒りやすいは、私の症状に当てはまります (^_^;)。

引用文献:医学博士 近藤芳郎先生著/自彊術”その神髄と医学的効用”

 
posted by みなさぶろう at 19:52 | Comment(0) | 自彊術 第6動 〜 第10動: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自律神経失調症・脳貧血・不眠・精神安定の症状予防に効果がある、自彊術 第7動作

第7動 頭を前後に振る運動
第6動と同じく端座し、両手をひざ頭に置き、イチのかけ声で、アゴが胸板につくまで、頭を急激に振り下げ、直ちにニイのかけ声で、後方にやはり急激に極度まで振付けるのである。

それから引き続き、3・4・5・6・7・8・9・10・1・2のかけ声で、12回行うのである。この場合、上体を曲げぬ様、両腕のヒジも屈げぬ様、又、頭に力を入れぬ様に注意する。

この運動でめまいがしたり、首筋が痛かったりするのは、筋肉、血管神経のいずれもが、硬くなっているからである。



Bending and stretching exercises.07.png
イラスト:みなさぶろう モデル:Aさん


手はひじを伸ばしひざの上におく。「用意」で頭をうしろにそらせ、視線は天井に。「イチ」で反動をつけ頭を振り下げる。ニイのかけ声で、頭の重さの反動を利用して、思いっきり上を向く。回数は12回。

背骨をまっすぐにして、首に力が入らない様に注意する。動作で大切なのはかけ声で、かけ声で頭にはずみをつけること。

後頭部から後頸部にかけての筋肉が伸び、自律神経失調症、脳貧血、不眠、精神安定の症状に効果が。

自律神経失調症、脳溢血(のういっけつ)、脳貧血、メニエール病体質の方は、最初はゆっくりと行うと良いとのことです。


Bending and stretching exercises07-2.JPG

引用文献:久保穎子(くぼえいこ)著/驚異の自彊術

 
タグ:自彊術
posted by みなさぶろう at 00:16 | Comment(0) | 自彊術 第6動 〜 第10動: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首のリンパ腺と気管を伸ばすストレッチ運動の自彊術 第6動

第6動 頭を左右真横に振る運動
頭を重りのようにして、はずみをつけて急激に振るのが本当だが、最初はゆっくりと振らないと、首筋を痛めたり、めまいがしたりするので、慣れるまでは静かに行うほうが良いです。
ji06k-665.png

ji06-2.JPG

自分では肩は水平のつもりで撮ってもらったが、こんなにも傾いている。昔から平行感覚がおかしいが、年齢とともに一段とバランスを崩すことが多くなった。
引用文献:医学博士 近藤芳郎先生著/自彊術”その神髄と医学的効用” イラスト:みなさぶろう
タグ:自彊術
posted by みなさぶろう at 02:13 | Comment(0) | 自彊術 第6動 〜 第10動: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十肩・五十肩の予防や、肩こり・背中の痛み、ストレスの緩和に有効な、自彊術 第5動作

第5動 胸郭を拡げる運動
裸の男性イラストは、大正7年に出版された、自彊術創始者の中井房五郎先生の本から引用しました。昔は裸で自彊術をやっていたのでしょうか。立てひざでやっているようにも見えますが端座と書かれています。

端座のまま、まず左の腕を、右の肩の上に水平に載せて置く。このとき、左のヒジは、アゴの前、すなわち正面に、手首は首に着け、手は開いたままで、指先も伸ばして置く。次に右の手の平を左のヒジの先に当てて、指をもってつかむ。この時、右の腕も水平の位置に置く。以上が準備姿勢である。

ji05-665z1.jpg

ji05-665-2.JPG

肘を引いて身体をねじることにより、肩甲骨のまわりの筋肉を伸ばし、また押すことで、胸腹筋が横と斜めに伸縮するので、背中、胸、わき腹にマッサージ効果があるそうです。

参考文献:医学博士 近藤芳郎先生著/自彊術”その神髄と医学的効用” イラスト:近代デジタルライブラリー


タグ:自彊術
posted by みなさぶろう at 00:30 | Comment(0) | 自彊術 第1動 〜 第5動: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーザー照射による 星状神経節ブロック療法

星状神経節ブロック療法って知ってますか?
私こと みなさぶろうは、星状神経節ブロック療法なる治療を受けています。

星状神経節ブロック療法を受けると、免疫力が高まるため、風邪をひかなくなります。免疫力を高めると、ほとんどの病気は治るそうです。

私は耳鳴りがひどく、難聴になってしまい、初めて星状神経節ブロック療法なる治療を受けています。喉にレーザー照射するだけです。注射針を刺したりしないので、後遺症などの心配は全くありません。

sei500-01.jpg


喉には交感神経をコントロールしている、星のような形をした星状神経節という神経節があり、この神経節にレーザー照射して、一時的に交感神経の働きをブロックし、機能を麻痺させます。

そうすることで副交感神経の働きを高めてあげる治療方法です。

人間には、全身の血管や内蔵などの働きを、無意識のうちに調整している自律神経があり、その中に交感神経と副交感神経の両者がバランスをとりながら働いています。

交感神経は、主に昼間などの活動時や、緊張したり興奮した時に働く神経で、副交感神経は、主に夜間などの休息時やリラックスしている時に働く神経です。

頭痛、めまい、疲れ、肩こりなどの症状で、従来の治療に反応がない場合に、星状神経節ブロック療法を行なうと効果があるそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


昨年の3月、左耳の方が耳鳴りがひどくなり、聴こえが悪くなってしまいました。
箇条書きですが、これまでの経緯をまとめています。

毎日の生活で疲れすぎたり、ストレスがたまったりして、交感神経が働きすぎてバランスが崩れたのですが、その時は何も分からないまま、掛かり付けの病院の耳鼻科で診察を受ける。

診断の結果、10日間の入院・点滴(ステロイド剤)治療をすすめられる。
ステロイド剤は、免疫力がなくなる薬なので、病気が治らなくても10日間以上は、点滴できないとの担当の先生からの話。

入院して5日ほどで耳鳴りが止まり、聴こえの方も良くなってきて、10日間の入院治療で退院する。

会社に2週間ぶりに出社して、普段の生活に戻ったら、また以前のように耳鳴りがするようになり、治療前と同じになってしまった。それでも投薬だけは飲み続けている。

最近、会社の同僚が足を捻挫してしまい、近くの整骨院に治療を受けに行って、その医院の壁に、耳鳴りなどに効く治療方法が書いてあったと教えられる。

sei400-02.jpg


整骨院で耳鳴りの治療方法? と半信半疑だったが、ワラをもつかみたい心境だったので、その整骨院へ行き、先生に尋ねる。

sei530-03.jpg


ますかわ整骨院(東京都墨田区)の益川先生は、「正直に言うと、治るとは言えない、だが相乗効果で他が良くなり、その結果で耳鳴りも治る場合もある」とおっしゃった。

他に良い治療法がないので、試しに星状神経節ブロック療法なる治療法を受けてみることにする。

2ヵ月余り入院した病院での投薬を飲んでいたが、効果のみられない薬を飲み続けているのも、身体にも良くないので、星状神経節ブロック療法なる治療を受けている事を言って、投薬を断る。

今までお世話になった、担当の斉藤先生は、注射針での星状神経節ブロック療法だと勘違いして、副作用を心配してくれた。レーザー照射での星状神経節ブロック療法を、整骨院で受けることを伝えると、聴力検査に来るように言われて1ヵ月後の7月3日を予約する。

sei265-04.jpg sei260-05.jpg


5月27日(火) 初めてレーザー照射治療を受ける。

レーザー照射式の星状神経節ブロック療法は、スーパーライザー(東京医研)という機械で治療する。第6頸椎(のど仏)横に、4秒間隔に1秒づつ10分間照射する。それを両方に行なうので、1回の治療時間は20分間。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


sei350-06.jpg


星状神経節ブロック療法は、1930年頃開発されて、欧米ではかなり広く行なわれていて、日本には戦後移入され、脳外科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科などで行なわれたそうです。

1960年頃に改良されましたが、まだブロック手技に不完全なところがあって、重い合併症がみられることがあって、日本でも欧米でも行なわれなくなりました。

武蔵野病院名誉院長の若杉文吉氏が、1962年、東京大学に日本最初のペインクリニック(痛みの診療を専門とする科)が開設されたときに、この療法を採用して積極的に取り組んだそうです。

さらに臨床を重ねて、星状神経節ブロック療法が、全身の病気の治療に適応し効果をあげ、脳に行っている交感神経の緊張をやわらげることを発見しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


現在の整形外科では、この星状神経節ブロック療法があまり行なわれなかったのは、手技が複雑で合併症多いからと、整形外科のハンドブックに書いてありましたが、治療を受ける方も、そんな難しい手技の治療は受けたくありません。それに注射は怖いです。

7年前から出現した、医療機器「スーパーライザー」がこの問題を解決しました。

sei400-07.jpg


スーパーライザーは、レーザー帯域を含む 1,800mW の光刺激を、患部に集中照射する方法です。

この治療効果は、星状神経節ブロックのように即時ではないですが、半日後には効果が出て、翌日には症状の軽減をみます。そこで連日、症状が消失するまで照射を続けます。

初めて治療を受けた翌朝、妻から言われました。
普段は寝返りをあまりしない私が、ドタン、バタン、と寝返りがすごく、まるで暴れているようだったそうです。

交通事故で、後ろから追突されて、その時は身体に何の異常もなかったのが、翌朝になったら首や背中が痛くて、起き上がれなかった経験があります。
これと同じような感じかなと思いました。逆の意味でですが(笑)。

スーパーライザーによる、星状神経節ブロック療法では合併症は皆無であり、連日の治療ができるそうです。

私は仕事の帰りに、ますかわ整骨院での治療を受けています。30回前後ほど続けると効果があるそうなので、それを信じてほとんど毎日、月曜から金曜日まで通っています。

10回ほど治療を受けたら、耳鳴りが止まりました。これは効いたかなと喜びましたが、その日、夜更かししたら、また耳鳴りがしていました。やはり治療だけではなく、安静にして、睡眠を多く取る生活環境が大切なのでしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


7月3日 検査予約をしていた病院の耳鼻科で、聴力検査を受ける。
レーザー治療を28回受けている。

驚いたことに、聴力が良くなっていた。
レーザー照射治療の威力か!

耳鳴りは相変わらず、止まらないが、以前よりは治まってきている。
聴こえは良くなっているのだ。

耳鼻科の斉藤先生は、様子を見てみようとのことでした。
8月14日(木)に、検査の予約をしました。 また報告します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


8月14日(木)、聴力検査に行ってきました。

検査のとき、どちらの耳が悪いのですか? と聞かれたのですが、
あれ、どっちだった? とすぐに返事ができないくらい、忘れていました(笑)。

聴力検査の結果は良かったです。完全に良くなっていました。
耳鼻科の斉藤先生も、驚いていました。

レーザー治療だけで良くなったとは信じられない。
睡眠を良く取ったりとか、ストレスのない生活環境が良かったのではと、レーザー治療の効果を信じてくれませんでした(笑)。

2ヵ月後の、10月9日(木)に、また検査するように言われて予約しましたが、私としては、この病院へ来るのは、今回で終わりかなと思いました。


今、レーザー治療は、月・水・金と1日おきに受けています。
耳鳴りは、まだ少し残っていますが、左耳で携帯電話を受話出来なかったのが、今は平気になりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


1月5日
また、耳鳴りがしてきたので、ますかわ整骨院に一年ぶりに行きました。

長年の持病なので定期的に治療した方が良いのでしょうが、この一年は耳鳴りの事は忘れていました。耳鳴りの本などにも、持病として耳鳴りと付き合っていくしかないと書いてありました。

このブログを見て、大田区の方が耳鳴り治療にきたと、益川先生が言ってました。三ヵ月間通って来て、耳鳴りが止まったそうです。嬉しい話でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参考文献:若杉文吉 著 星状神経節ブロック療法(マキノ出版)          
     片田重彦・石黒 隆 共著 整形外科プライマリケアハンドブック(南江堂)
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 星状神経節ブロック療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright @ 2015.7 みなさぶろう の 自彊術(じきょうじゅつ)運動 トップに戻る all right reserved.