みなさぶろうの「君恋列車/二見颯一」

みなさぶろうの140曲目は、2022年11月2日に発売された二見颯一さんの「君恋列車」です。

1108.png

作詞:かず翼/作曲:水森英夫/編曲:竹内弘一 動画は duranta100 様から拝借して編集しました。みなさぶろう72歳と3ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
あの日別れた 小雪のホーム 今日は小雨が 見送ってくれる ひとりで残され 初めて知った 心の隙間は 埋まらない 走れ 走れ 走れ… 君恋列車 君のふるさと 青森行きの
胸のポケット 潜めた指輪 そっとさわれば 勇気をくれる 冷たい噂に 泣いてた君を 命を懸けて 守りたい 走れ 走れ 走れ… 君恋列車 次駅は盛岡 面影乗せて
二度とこの愛 離しはしない 夢を探そう ふたりの夢を 別れのつらさに 背中を押され 迎えに来たんだ 逢いに来た 走れ 走れ 走れ… 君恋列車 遠く見えるは お岩木山か
 
posted by みなさぶろう at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「暗い港のブルース/ザ・キングトーンズ」

みなさぶろうの139曲目は、1971年(昭和46年)に発売されたザ・キングトーンズさんの「暗い港のブルース」です。

20221110暗い.png

作詞:なかにし礼/作曲:早川博二 リクエスト頂いて知った曲です。カラオケとエレクトーン演奏動画は「みみちゃん」様から拝借しました。2番はユニゾン歌唱です。みなさぶろう72歳と2ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
いとしい人 あなたは今 名前さえ告げずに 海にかえるの 白い霧に 目かくしされ 遠い船のきてき 僕は聞いてる かりそめの 恋を叫んだけれど あふれくる 涙 涙 涙 きれたテープ 足にからめ あなたの影をおう 暗い港
さよならは 死ねというも同じ かれはてた 涙 涙 涙 不幸色した ランプゆれて あなたを今日も待つ 暗い港
 
posted by みなさぶろう at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「加賀の女/北島三郎」

みなさぶろうの139曲目は、1969年(昭和44年)7月に発売された北島三郎さんの「加賀の女(かがのひと)」です。

20221020.png
作詞:星野哲郎/作曲:島津伸男
女房から前奏が好きだからと、リクエストされて楽譜を購入したのは昨年の12月25日。すぐに練習始めたが、唄えないぃぃ! 自分の歌唱力の無さを知って練習を止めていたが、4ヶ月ほど前から、ぼちぼちと練習を開始し、ひろ先生のレッスンを何度も受け、やっとのアップ。唄えないだろうと思っていたとの女房の褒め言葉だった みなさぶろう72歳と2ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
君と出逢った 香林坊の 酒場に赤い 灯がともる ああ 金沢は 金沢は 三年前と おんなじ夜が 静かに俺を 待ってる町だ
忘れられよか 天神橋の たもとにのこる 物語り ああ あの女も あの女も おもいの糸の 細白糸を かけるか遠い 都の空に
謡曲がふるふる 加賀宝生の 木洩れ陽 青い 石だたみ ああ 金沢は 金沢は 身も世も すてて あなたのために 生きると云った 君住む町よ
 
posted by みなさぶろう at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「あんた/天木一志」

みなさぶろうの138曲目は、2006年8月10日に発売された天木一志さんの「あんた」です。

20221010.png

作詞:にしかずみ/作曲:秋月智光/編曲:塚田満穂
あんたに甘えた この部屋で 一人 暮らしも 慣れたけど 夜中に 寝返り 打った時 フッと目覚めた 寂しいさを 紛らす言葉が 見つからず タバコゆらゆら あんた真似てる 恋しがり
あんたのパジャマを 着て眠る 夢で 逢いたい おまじない あの時 強がり 意地っぱり ソッと一言 詫びたなら 許してもらえた 我が儘を 通さなければ こんな切なさ ないものを
あんたの足音 した様で 一人 飛び出す ドアの外 落ち葉がカサコソ 舞う夜は グッと心に 込み上げて ほほづえ 手酌の 苦い酒 酔えば泣き虫 あんた帰って 来てほしい
 
posted by みなさぶろう at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「右衛門七討入り/舟木一夫」

みなさぶろうの137曲目は、1964年(昭和39年)11月に発売された舟木一夫さんの「右衛門七討入り」です。

20220925.png

作詞:西沢 爽/作曲:遠藤 実
動画は siawasesan様から拝借して編集しました。
みなさぶろう72歳と1ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
ふりつむ雪を 血に染めて 四十七士の 鬨の声 矢頭右衛門七 散りゆく花か 恋も知らない 若い身で
討たれるものも 討つものも ともにこの世は 夢の夢 赤穂浪士の 誉にかけて ゆけととどろく 陣太鼓
勝利のあとの 哀しみを 抱いて見返る 吉良屋敷 四十七士の 去りゆく影に ふるははかなき 江戸の雪
 
posted by みなさぶろう at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「高原のお嬢さん/舟木一夫」take2

みなさぶろうの74曲目「高原のお嬢さん」動画を変えて2度目のカバーです。

20220923-665.png
作詞:関沢新一/作曲・編曲:松尾健司。
1965年(昭和40年)10月に発売。動画は siawasesan 様から拝借して編集しました。みなみなさぶろう72歳と1ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
あの人に逢いたい たまらなく逢いたい 高原に風はわたり 白樺はゆれていた 夏がゆけば 恋も終ると あの人は いつも言ってた リーフ・リーフ・・・ 君に ぼくの恋を語ろう
  
posted by みなさぶろう at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「男の絶唱 / 氷川きよし」

みなさぶろうの6曲目、2017年(平成29年)3月に発売された 氷川きよしさんの「男の絶唱」です。

20220910.png
作詞:原 文彦/作曲:宮下健治/編曲:丸山雅仁
5年前のアップを再歌唱しました。みなさぶろう72歳と0ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
鬼も蛇も出る 浮世の川を 命からがら 度胸で渡る 浮いて沈んで 汚れても 泥に咲く花 睡蓮の あぁ 睡蓮の 純なこころは 忘れまい
春の風吹く 桜の下で 惚れたあの子と ふたりの宴 何度見ただろう そんな夢 苦労 ”く”の字で 眠る夜は あぁ 眠る夜は 遠い故郷が 近くなる
いかに時代が 移って行けど 見失うかよ こころの灯り 雪の如月 風弥生 超えて卯月の 酒酌めば あぁ 酒酌めば 夢は千里を 駆け巡る
  
posted by みなさぶろう at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「ふるさとのはなしをしよう/北原謙二」

みなさぶろう52曲目の再アップ、1965年(昭和40年)1月発売の北原謙二さんの「ふるさとのはなしをしよう」です。
20220905-665.png
作詞: 伊野上のぼる/作曲:キダ・タロー 
この歌を唄うと故郷の風景がよみがえります。みなみなさぶろう72歳と0ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
砂山にさわぐ潮風 かつお舟はいる浜辺の 夕焼けが海をいろどる きみの知らない ぼくのふるさと ふるさとの はなしをしよう
鳴る花火ならぶ夜店に縁日の まちのともしび 下町の夜が匂うよ きみが生まれた きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう
今頃は丘の畑に 桃の実が赤くなるころ 遠い日の夢の数々 ぼくは知りたい きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう
posted by みなさぶろう at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「潮風が吹きぬける町/西郷輝彦」

みなさぶろうの136曲目は、1967年(昭和42年)10月に発売された西郷輝彦さんの、望郷・郷愁の抒情歌謡「潮風が吹きぬける町」です。

20220817.png
作詞:奥野椰子夫 作曲:米山正夫 編曲:重松岩雄
三重県熊野市の我が故郷も潮風が吹きぬける町でした。この歌をカバーされてる舟木一夫さんの歌は前奏が無く、いきなりスローテンポで始まり2コーラスで終わっています。西郷さんの歌だと知らない方は、舟木さんの持ち歌と勘違いされてる方も多いのでと思います😅
日本詩人連盟大賞受賞作品。みなみなさぶろう72歳の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
潮風が 吹きぬける町 浜茄子が ゆれて咲く丘 わがふる里 夜ごと 夜ごと 胸にひびく あの潮騒 はるかな 潮騒
ちち ははが 網つづる庭 妹が水を 掬む井戸 わがふる里 夜ごと 夜ごと 夢にかよう あの面影 ほほえむ 面影
潮風が 吹きぬける町 麦の穂のそよぐ畦径(あぜみち) わがふる里 夜ごと 夜ごと 遠く聴くは あの歌ごえ 幼い 歌ごえ
  
posted by みなさぶろう at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「望郷/森進一」

みなさぶろうの135曲目は、1970年(昭和45年)に発売された森進一さんの「望郷」です。

20220809.png

作詞:橋本 淳/作曲:猪俣公章
動画は karaTubeさんから拝借して編集しました。みなさぶろう71歳と11ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
女心の 故郷は 忘れたはずの 男の胸よ 爪をかむのは 誰のため しのび泣くのは 誰のため 永遠に愛して 離さずに あなたに会いたい 遠い遠い ひとだけど
夜汽車にゆられ 幾時間 あなたみたくて帰ってゆくの 甘えたいのよ いつの日も 見てて欲しいの いつだって 泣いて別れた 北国の 離ればなれの 遠い遠い ひとのため 幸せ薄い 私にも いつかくるのね 女の春が じっとこらえて 耐えるのも あなたがいると すがるのも 私ひとりを 待っている 涙の故郷 夢に夢に うかぶから
  
posted by みなさぶろう at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「命かれても/森進一」

みなさぶろうの134曲目は、1967年(昭和42年)9月に発売された森進一さんの「命かれても」です。

20220714.png

作詞:鳥井 実/作曲:彩木雅夫 動画は隅田川に架かる、清澄橋・新大橋。20年ほど前のデジカメなので夜景を綺麗に撮るには無理があった。みなさぶろう71歳と11ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
惚れて振られた 女の心 あんたなんかにゃ わかるまい 押え切れない 淋しさは 死ぬことよりも つらいけど なぐさめなんかは 欲しくない
みんなあんたが おしえてくれた 酒もタバコも うそまでも 泣かぬつもりで いたけれど 裏町ギターの あの唄に 今夜はしみじみ 泣かされる
こんどこそはと 命をかけて 惚れてみたけど 駄目だった 女の青春を 唇を 返してくれとは 言わないが 死ぬまで愛して 欲しかった
 
posted by みなさぶろう at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「おれでよければ/田辺靖雄」

みなさぶろうの133曲目は、1980年(昭和55年)2月に発売された田辺靖雄さんの「おれでよければ」です。

20220621.png

作詞・作曲:四方章人
季節の変わり目の影響があるのか、持病の耳鳴りが強くなりメニエール病(めまい・吐き気)の症状が出たりで、2ヶ月ほど唄う気力が無くなっていました。
今も左耳の聴力がほとんどなくなっていて耳鳴りも治りませんが、気持ちを切り替えてアップを再開します。女房と付き合い始めた頃、女房の持っていた何枚かのドーナツ盤レコードの中にこの歌を見つけ、カラオケをやり始めた頃だったので覚え、何度かカラオケスナックで唄ったことがある思い出の歌。
みなさぶろう71歳と10ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
風のたよりに 噂きいたよ いまでも ひとりだってね 生きてる限り 幸せなんて 少ないものさ もしもあのとき 勇気があれば こんな苦労は させなかったよ おれでよければ おれでよければ いっしょに 暮らさないか
 
posted by みなさぶろう at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「親父の手紙/村木 弾」

みなさぶろうの132曲目は、2018年2月にリリースされた村木 弾さんの「親父の手紙」です。

20220416.png

作詞:喜多條忠/作曲:船村徹/編曲:蔦将包 みなさぶろう71歳と8ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
息子よ 元気でやってるか 故郷は そろそろ 雪が降る 忙しいのは わかっているが 正月 あたりは 帰ってこんか 母さん ハタハタ きりたんぽ みんな お前を 待ってるぞ
息子よ 女にもててるか おんなは 黙って 惚れさせろ 顔や姿形は どうでもいいさ 一緒に 夢追う おんなに惚れろ いつかは 二人で 飲みにこい 酒は 人生 教えるぞ
息子よ お前は俺の子だ 頑固で 不器用 俺に似た しくじるたびに 賢くなるぞ 金など 貯めるな 友達貯めろ 自分に 嘘さえ つかなけりゃ 他人に やさしい 馬鹿でいい
 
posted by みなさぶろう at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「桜花のとき/西郷輝彦」

みなさぶろうの131曲目は、1999年(平成11年)2月に発売された西郷輝彦さんの「桜花のとき」です。

20220406.png

作詞:荒木とよひさ/作曲:中川博之/編曲:竜崎孝路 西郷輝彦さんのカバーは、27曲目。みなさぶろう71歳と7ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
桜の花の 花のひとひらが 幸せ薄い お前の肩に 春よ春よ このまま 春よ春よ 散らずに ふたりを見捨てて 逃げないで この世が夢の 夢の途中なら
川辺に遊ぶ 遊ぶ子供たち 大人になるな 悲しいだけの 春よ春よ このまま 春よ春よ あしたも 小指をつないだ ぬくもりを この世が夢の 夢の続きなら
涙がもしも もしもこぼれたら 昨日のどこか 捨てればいいさ 春よ春よ このまま 春よ春よ 心の ちいさな陽だまり 消さないで この世が夢の 夢の桜(はな)ならば
  
posted by みなさぶろう at 18:23 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「星空のあいつ/西郷輝彦」

みなさぶろうの130曲目は、1964年(昭和39年)6月に発売された西郷輝彦さんの「星空のあいつ」です。

665.png

作詞:水島 哲/作曲:北原じゅん 26曲目の西郷輝彦さんカバー。みなさぶろう71歳と7ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
星空のあいつは 気のいい あいつ 大きな夢を もっていた 男心の ひとすじに 生きてゆこうと いいながら 星をみつめて 泣いていた
星空のあいつは すてきな あいつ きらめく夢を もっていた 流れる星なら つかまえて キラリかがやく ペンダント おれは作ると いったやつ
星空のあいつは やさしい あいつ いつもギターを ひいていた 教えてくれたよ このぼくに 胸がちょっぴり 痛むとき ひとりギターで うたう歌
  
posted by みなさぶろう at 17:14 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「僕だけの君/西郷輝彦」

みなさぶろうの129曲目は、1966年(昭和41年)4月に発売された西郷輝彦さんの「僕だけの君」です。

表紙665.png

作詞:星野哲郎/作曲:北原じゅん/編曲:五十嵐謙二
西郷輝彦さん、25曲目のカバー。みなさぶろう71歳と7ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
君を ⋯ しあわせに できなかったら どうしよう それでも いいって 黙って ついてきて くれるかい それがききたいんだ ⋯ 僕 ⋯
遠い 遠い 愛の旅へ 君をつれて ゆきたい だれにも好かれる 君だから 早く遠くへ つれていって 僕だけの 僕だけの 君にしたい
遠い 遠い 愛の旅へ 君を盗みだしたい 愛するための 嘘ならば 君も許して くれるだろう 僕だけの 僕だけの 君にしたい
遠い 遠い 愛の園へ 君を誘いだしたい 星ふる湖畔に 着いたなら ひざまずくのさ 君の指に 僕だけの 僕だけの 夢をかけて
 
posted by みなさぶろう at 12:58 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.