ブログランキングに参加しています。にほんブログ村 健康ブログ 自力整体へ クリックお願いします。

肩を上下することで、僧帽筋のマッサージになる 自彊術 第4動作

背後で両手をしっかり組み合わせて、ヒジをぐんと伸ばすと肩幅が開くと同時に、両方の肩甲骨が背骨に近寄ってきて、頸(くび)から肩をおおっている"僧帽筋"がおおいにゆるんできます。

第4動 両手を後ろで組み合わせ、肩を上下する運動(呼吸法)
ji04-665-2.png

首・肩のこりには、第3動と第4動を40回連続してやると効果があるそうです。
ji04-f.ago.png
この運動は肺尖(はいせん:肺臓の上部。肺が肩の方へのびている先端)を引き伸ばすのはもちろん、気管および肩甲骨の裏にこもっている熱を発散させる。また背筋や肩甲骨などに絡み付いている筋肉を十分にほどいて、伸縮をつけるのである。と、近代デジタルライブラリーの「自彊術の真髄」に書かれています。

引用文献:医学博士 近藤芳郎先生著/自彊術”その神髄と医学的効用” イラスト:みなさぶろう

   

   
posted by みなさぶろう at 16:00 | Comment(0) | 自彊術 第1動 〜 第5動: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろう の 趣味と運動(水泳・Boxing・カラオケ・写真・自彊術・整体運動) トップに戻る all right reserved.