ボクシングについて

ボクサーのパンチ力は、平均100キロ前後あるが、そのパンチが1発で急所に命中する事はまれだ。

1回の試合で、数えきれないほどのパンチが交差され、ボクサーの受けるダメージは計り知れない。

むしろ、1発でノックアウトされた方がダメージは無いと言われている。

現在は、レフリーのストップも早くなり、敗者側セコンドのレフリーに対する抗議の罵声を聞く事も多々ある。

box002.jpg


何ヵ月もトレーニングして、早いラウンドにアンラッキーパンチで倒れた時、セコンドは逆転のパンチを期待して、レフリーに止めるのが早すぎると、言い寄ったりする気持ちが、わからな無くはない。

それを観ている観客も、少し早いかな、もう一回倒れてからでも良いのでは? などと、ちょっと物足りない気持ちに成ったりもする。

でも、その後の一発がボクサー生命を絶つかもしれないのだ。

ボクサー生命だけではなく、その後の人生をも終わりにしてしまうかも知れない。

ボクサーは、ボクシングジムの商品では無い! ボクサーを引退してからの人生の方が長いのだ。

あしたのジョーのように、真っ白く燃えてしまえば良いのだが、現実はそうはい行かない。

1960年代から、ボクシングを観てきたが、やはり、昔はボクサーの故障者が多かった。

鼻のつぶれは当たり前で、眼が見えなくなったり、脳に異常を起こしたりとか、生活に支障のある、元ボクサーを何人か知っている。

ボクシングは格闘技でも、ルールが有るので、レフリーの判断は絶対なのだ。

人生には、運・不運は付きもの…。ボクシングにも、ボクサーにも……。
  
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.