ボクサーのパンチと脚力

テレビのボクシング中継を観ていて、アナウンサーの言葉に疑問が沸く事がある。そのひとつに、「今のパンチは、ノーモーションの右ストレートです」がある。

ストレートパンチは、ノーモーションで打つのが当たりまえだ。

プロボクサーのパンチは基本的にはすべて、ノーモーションだ。いかにして相手に悟られないで、パンチを出すかを日々鍛錬している。

box003.JPG


構えた位置から狙った位置に、真っ直ぐに伸ばして当たる瞬間に、内側にひねりながら、それまで軽く握っていた拳に、瞬間的に握力を入れてナックルで打つ。

ボクサーは、毎日ノーモーションで打っているので、逆に、モーションを付けた打ち方は、ドローイングパンチ(引っ掛ける・だます)以外は、打てないだろう。

競輪の選手に聞いたが、自転車を「手でこげ」と言う教え方の言葉のがある。ハンドルを力いっぱい引きつけてペダルをこぐのだ。

パンチも脚で打つ打ち方が理想だ。(余談だが、30年以上前、自転車に興味があった私が、競輪場のバンクを走った経験があるのが自慢だ)。

私の知っているボクサーで、脚で打っていたのは、具志堅用高氏だ。サンドバッグを打っている所を拝見したが、重量級ボクサーが打っているような迫力だった。

パンチが当たる瞬間は、足の裏が地面から離れている。パンチに全体重が乗っているのだ。

具志堅用高氏の、ワンツーストレートから、スリーの返しのフックの打ち方を、私なりに解説してみると、ワンを打ちながら、後ろ足でキックして飛び込む。前足が着地した時は、ワンを引きながらツーを打っている。

このとき重要なのは、ワンとツーが同じスピードで移動する事だ。ツーを打つ時に、意識してワンを引くようにする。

野球のバットスイングの時のように、ヘッドを動かさない。背骨がぶれないで真っ直ぐに回転する。

そうする事で、ワンツーのスピードが上がる。

次にフックだが、ワンツーでひねり込んだ腰を、ツーを打った位置(仮想)を目標に、両足で地面を蹴って腰を戻しながら、顎の位置に戻したワン(わきをしめている)を、遠心力を利用してフックを放つ。

この時、ナックルをひねらないと、オープンブローになりやすいし、親指を当てて突き指をしていまうので、肘をナックルと同じ位置迄上げて、肘までを目標に向かって、打ち抜く様にイメージしながら打つ。

大事な事は、ナックル・肘・肩の3点が、目標に向かって水平に移動する、イメージでなくてはならない。
 
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.