ハングリー・ボクサー

ボクサーは、ハングリーでないと強く成れない!。これは昔の話で、現在の若者は、ハングリー(空腹で、飢えている)な若者などいないから、 現在のボクサーには当てはまらないだろう。

私が知っているハングリー・ボクサーは、世界フライ級チャンピオンの大場政夫氏だ。(ボクシングファンは誰でも知っていると思うので、あえてその理由は書かない)

試合に向けてのスパーなど、最初から最後までを、何度か拝見した事がある。私の自慢のひとつだ。

box008.jpg
大場選手のラストファイトとなった、チャチャイ・チオノイ戦。撮影:みなさぶろう


逆にハングリーではなくても強かったボクサーは、元スーパーフライ世界チャンピオンの渡辺二郎氏だ。

大学の日本拳法からボクシング界に入って、チャンピオンになったが、まったくハングリーとは無縁の裕福な育ちの方だ。

ボクシングスタイルも、二刀流の宮本武蔵のような感じがした。右利きのサウスポーで、マイペースで、このクラスでは1番強かったと思う。

昔のボクサー志望者は、中学を卒業して15歳でボクシングジムに入り、毎日8時間勤務の会社の仕事を終えてから、ジムに通ってトレーニングに励んだ。

今は、高校・大学に通学しながらのボクサーが多くなった。アマの世界で成績を残して、プロに転向した者がかなりいる。

そのためだけではないだろうが、ボクシングスタイルも、ボクサータイプが増えた。

ボクサーがハングリーで無くなった一番の原因は、ファイトマネーが少ないからだろう。

サッカー、野球、競輪、競艇などの選手とは、比べ物にならない程少ない。時代の変化で、いたしかたのない事だ。

だから、今のボクサーはお金の為だけで、ファイトしているのではない。生きているあかしの為に、ファイトしているのだ。
 
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.