ストレッチング

どのスポーツでも同じだが、特にハードな動きをするボクシングには欠かせないのがストレッチングだ。

ストレッチングとは、関節をとりまく筋肉・じん帯・腱をひっくるめた関節そのものを伸縮させる運動のことで、静的柔軟体操のこと。

ストレッチングをする事で、体の固さが取れて、怪我をしにくくなり、筋肉の収縮のスピードが増し、筋肉の興奮状態が高まるので、ボクシング技術のアップにもつながる。

ストレッチングは、ハードなボクシングをする前に欠かせない、ウォームアップなのだ。

box009.jpg


ハイレベルなボクシングをやるには、テクニックが要求されるのはもちろんだが、そのテクニックを最大限に発揮できるパワーが必要となる。

そして、そのパワーを効率よく生み出すのに柔軟性が欠かせない。筋肉をストレッチングによって、リラックスさせてこそ、パワーもテクニックも生かせるのだ。

そして、トレーニング後の疲労を、マッサージなどで取り除いてくれる専属トレーナーのいないボクサーには、ストレッチングは有効だ。

疲れを残さないためにも充分におこなう事をおすすめする。ふだんあまりスポーツをやらない人にも、このストレッチングがおすすめだ。

ストレッチングは風呂あがりや、準備体操のあとなどに、体温の上がった状態でやった方が効果がある。
 
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.