睡眠について

ボクサーに限らず、スポーツ選手にとって、睡眠は欠かす事の出来ない大切な要素だ。

睡眠には筋肉をリラックスさせる効果が知られているが、短期的には、食べ物の摂取よりも重要であると言われている。

睡眠時のスタイルだが、両の手を伸ばし、足も開いて、漢字の大の字のように寝ると、疲れが取れ易いとは昔トレーナーに聞いた事がある。お試しを。

寝る子は育つと言う言葉どうり、睡眠時には成長ホルモンが分泌され、トレーニングで鍛えた筋肉や骨格が、ボクサーの身体を形成していく。

また、トレーニングなどで痛めた傷や、スパーリングなどで付いた肌の擦過傷も、試合に負けた時のストレスも、睡眠時の新陳代謝で除去され、癒されていく。

就寝前の風呂は、ぬるめのお湯が効果があり、熱い風呂は逆効果で、交感神経の働きが活発になって、寝られなくなると言うのが、現在の教えだが、昔は熱い風呂に入った方が筋肉がほぐれると言われていた。

睡眠が不足した場合に、最も影響を受けるのは集中力なので、試合の前の睡眠は大切である。

現在は、試合前の計量も前日計量になり、「腹が減って寝られなかった」などという事はないだろうが、当日計量だった昔のボクサーには多かった。

当日計量を終えて断食から解放され、腹が満たされて試合までの数時間の仮眠を取っていて、試合時間に遅刻したボクサーもいた。

睡眠から目覚めても、身体の方が完全に覚醒するまでには、数時間を要すると言われている。なので、試合当日は6時間以上前には、目覚めていたほうがベストだと思う。
 
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.