ボクサーの減量について

どのスポーツでも同じだが、いかに試合当日に、コンディションをうまく持って行けるかが、大切なカギになる。

特にボクシングは、減量がコンディションに大きく影響を与えるスポーツなので、減量がうまく出来ないと、コンディションが崩れてしまい、勝利の女神は微笑んでくれないのだ。

しかし、減量はボクサーに付きものだと、思っている人は多いと思うが、これは間違いだ。減量なんて全くしないボクサーもいるのだから。

box012.jpg


普通の人がボクシングを始めると、大抵の人は10キロくらい痩せるが、それはハードな動きで、脂肪が燃えてしまうからだ。

ボクサーになってトレーニングしていると、段々と肩や背筋、腹部にもボクサーに必要な、ボクサーだけが持つ筋肉が付いてくる。

そして育ち盛りの若い子は、身長も伸びてきて、減量しなくてはクラスが維持できなくなってきて、減量が始まる。

減量が嫌なら、上のクラスに移ればすむことだ。育ち盛りの肉体を、無理して痛めつけない方が、ボクサー寿命が伸びるのではと考える。

だが、チャンピオンだとそうはいかない。特に若くしてチャンピオンになったら、肉体も伸び盛りなのでクラス維持も大変だ。

永遠のチャンプ、大場政夫氏も減量が大変だった。亡くなっていなければ、あのチャチャイ戦の後はフライからバンタムに上げていただろう。当時はスーパーフライは無かった。

ボクサーの減量が、マスコミで必要以上に大きく取り上げられるので、ボクサーには減量が付きものだと勘違いされている。

コンディションを整える上では、少しの減量は有効だ。血液中の水分が減ると、反射神経が研ぎすまされるからだ。

逆に30歳くらいでチャピオンになると、若い時とちがい、肉体的に疲労が取れにくくなり、新陳代謝が衰えてきて、減量がスムーズにいかなくなってくるのだ。

そういう時は、コンディション作りに、ストレッチングを多めにしていくようにした方がいいだろう。
 
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.