バンテージの巻き方について

昔は各ジムごとに、色んなバンテージの巻き方があったし、トレーナー、コーチは自分で工夫、研究したものだ。現在は海外の雑誌やビデオ情報なども入ってきたりで、巻き方もそんなに大差がなくなっているようだ。

box013.jpg


基本的には、ナックルパートや手首の保護だから、 手を痛めないように巻けばいいのだが、ボクサーのためにも握り易くて、ちょっと力を入れただけで、ぐっと締まるような巻き方をしてあげたい。

気をつけたいのは、バンテージを巻く時に、手のひらの部分に多く巻きすぎると、手首がまっすぐに伸ばせなくなってしまう。そのために、ナックルよりも、第二関節が前に出てしまい、第二関節で打つことになってしまう。

試合のグローブの手のひらの部分に、握りを良くする為に「あんこ」のような物が入っているが、これは必要ないのではと思う。素手でグローブを付ける場合には、この「あんこ」のような物は握り易いと感じるが、バンテージをしているのだから、二重になってしまう。

だから、バンテージを巻く時は、手のひらにあまり巻いて「あんこ」のようにしないでほしい。ボクサーの為にも、ハサミなどで修正して少しでも戦い易い、良い握りをトレーナーも研究してほしい。

box014.jpg


ルールでは、テーピングテープをナックルの部分には、巻いては行けないことになっている。 巻き終わったら、コミッションのチェックを受けて、マジックインクで巻き直し防止のサインを書かれる。

box015.jpg


練習時のバンテージは、ボクサーそれぞれに巻いているようだが、練習時間をうまく使う為にも素早く巻けるように、ジムに来る前にきちんと準備をしておきたい。それが強くなる為のモチベーションを高める。
 
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.