みなさぶろうの「青春の鐘/舟木一夫」

みなさぶろうの40曲目は、1969年(昭和44年)1月公開の映画「青春の鐘」の同名主題歌です。
画像をクリックするとYouTubeが開きます。
20190404.png

カラオケ館でこの曲はCD録音できなかったので、デジカメの録音を使いました。作詞:丘 灯至夫/作曲・編曲:古関裕而
動画はsiawasesanからお借りして編集しました。感謝です。
2019年5月9日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と8ヵ月の時。
水色の空 鳴る鳴る鐘は 花いまひらく 大地の春よ 愛のきらめき 南風 悲しみは捨てたまえ 雪崩も消える ああ 青春に 希望(のぞみ) あり。 秘かに こころ 寄せあう ひとも やがては遠く 別れるひとか 声を忍んで 泣くな君 いつの日か 懐かしの思い出となる ああ 青春に 憂いあり。 太陽の下(もと) かげろう ゆれて 巣立ちの鳥も あの森越える 君は微笑む 白椿 はげまして 慰めて 旅ゆく彼方 ああ 青春に 未来あり
posted by みなさぶろう at 15:19 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろう の 趣味と運動(水泳・Boxing・カラオケ・写真・自彊術・整体運動) トップに戻る all right reserved.