みなさぶろうの「北国の街/舟木一夫」

みなさぶろうの48曲目は、1965年(昭和40年)に発売された舟木一夫さんの「北国の街」です。

20190627.png

作詞:丘 灯至夫 作曲/編曲:山路 進一  動画は、utatane song さんからお借りしました。
みなみなさぶろう68歳と10ヵ月の時。チャンネル登録お願いします。⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
名残りが燃える 心が残る ふたりでかえる アカシアの道 今夜だけでも そばにいて 眺めていたい ひとつ星 ぼくたちだけの よろこびが住む 北国の街
ちいさな花を ひろった指と ほのかに恥らい 見あげた顔に たとえ別れが あろうとも 心はいつも 変らぬと 誓ってくれた 夜更けの恋よ 北国の街
夜風がゆれる 灯りがうるむ 肩よせあるく アカシアの道 ここでさよなら するけれど 明日もいい娘で いて欲しい ぼくたちだけの しあわせがある 北国の街
posted by みなさぶろう at 17:55 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.