みなさぶろうの「長いお下げ髪/守屋 浩」

みなさぶろうの54曲目は、1962年(昭和37年)11月20日に発売された守屋 浩さんの「長いお下げ髪」です。

表紙.png

前回「僕は泣いちっち」をアップしたら、守屋浩は「長いお下げ髪」の方が記憶に残っていると言われた方がいて、初めてこの曲を知りました。
なるほどいい曲で、3日間毎日歌って練習していたら、年上の女房が昭和37年当時聴いた記憶があるけど、こんなにいい詩だったとはと言って、初恋の当時を思い出して切なく優しく柔らかく歌いなさい。といつもの歌唱指導を受けましたが、、、😊
作詞・作曲:神津善行 みなみなさぶろう69歳と2ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
 
長い おさげ髪 あの娘の ことさ あぜ道 帰り いじめた 娘だよ 忘れは しない おさげ髪 だよ 別れの 時に 何にも 云えず おさげの リボンを 投げてった 涙の つぶが 光って いたね これが これが 恋ならば 僕は 僕は 淋しいよ 僕は 今日も 今日も 一人ぼっち
長い おさげ髪 あの娘の ことさ 鎮守の 森で 泣かせた娘だよ 忘れは しない おさげ髪 だよ 別れて 一度 手紙の 中に おさげのリボンを 入れて来た 涙の あとが じんで いたね これが これが 恋ならば 僕は 僕は 淋しいよ 僕は 今日も 今日も 一人 ぼっち
posted by みなさぶろう at 11:16 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.