みなさぶろうの「惚れた女が死んだ夜は/小林 旭」

みなさぶろうの66曲目は、1997年(平成9年6月)にシングル発売された小林 旭さんの「惚れた女が死んだ夜は」です。

タイトル.png
作詞:みなみ大介/作曲:杉本真人
ロッキー6さんからお借りした動画を編集加工しています。みなみなさぶろう69歳と7ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
なぐさめなんかは ほしくない 黙って酒だけ おいてゆけ 惚れた女が 死んだ夜は 俺はひとりで 酒をくむ
わかりはしないさ この痛み どこへもやりばの ない気持 惚れた女が 死んだ夜は 雨よ降れ降れ 泣いて降れ 酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ
甘えてすがった さみしがり ふり向きゃいつでも そこにいた 惚れた女が 死んだ夜は 何を言っても ぐちになる
いいやつばかりが 先にゆく どうでもいいのが 残される 惚れた女が 死んだ夜は 涙 流れる ままでいい
酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ 酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ
posted by みなさぶろう at 14:37 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.