みなさぶろうの「回転禁止の青春さ/美樹克彦」

みなさぶろうの68曲目は、1966年(昭和41年)に発売された美樹克彦さんの「回転禁止の青春さ」です。

表紙.png
作詞:星野哲郎/作曲:北原じゅん
初めて就職した時の同僚が、社内旅行のバスの中でカラオケの無い時代、この曲の出だしの前奏も口で唄って入れて唄いました。びっくりしたのと上手かったのを思いだします。「回転禁止の青春さ」の歌詞が心に刻まれました。
あれから54年、今でも前奏から口ずさむ思い出のある歌です。唄った安江久美君(愛知県稲沢市出身)はどうしてるかな、22歳の時に名古屋の新婚生活を訪ねたのが最後になったけど、子供さんも47歳になってるな、元気でいるかなぁ。
あの時初めて聴いたのですが、発売された年だったのと、歌詞が星野哲郎さんだったのも、今回検索して初めて知りました。
動画は WILD CARD MotoVlog さんからお借りして編集しました。
みなみなさぶろう69歳と7ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
俺の選んだ この道が 廻り道だと 云うのかい 人の真似して ゆくよりか これで いいのさ このまま ゆくさ
ゴーゴーゴー レッツ ゴーゴー ゴーゴーゴー レッツ ゴー 回転禁止の 青春さ
かわいい娘に であったら ちょいとサイレン 鳴らすのさ 通りすぎれば それまでさ うしろ なんかは ふりむかないぜ
ゴーゴーゴー レッツ ゴーゴー ゴーゴーゴー レッツ ゴー 回転禁止の 青春だ
雨でスリップ するときも フルで とばせぬ ときもある 俺はゆくのさ マイペース ひとり唄って ひとりで ほめて
ゴーゴーゴー レッツ ゴーゴー ゴーゴーゴー レッツ ゴー 回転禁止の 青春さ

  
posted by みなさぶろう at 16:29 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.