みなさぶろうの「傷だらけの天使/西郷輝彦」

みなさぶろうの86曲目は、1966年(昭和41年)11月に発売された西郷輝彦さんの「傷だらけの天使」です。
西郷輝彦さんは20曲目のカバーです。
20200728.png
作詞:我修院健吾/作曲:銀川晶子/編曲:小杉仁三
「傷だらけの天使」の作詞・作曲名は西郷輝彦さんのペンネームで、「我修院」はアメリカの作曲家、ジョージ・ガーシュインにちなんで名づけたとか。
動画は「歌の散歩道」さんからお借りして編集しました。
カラオケ曲にはバックコーラスが入っていないので、初めて自分の声で入れてみたが、なぜかアップすると入れたはずの音声が消えている。3度もやってダメだったのでやめたが、原因不明のまま。やはり女性の声の方が良いので、みなさぶろうの声のバックコーラスなんか入らないで良かった😆
みなみなさぶろう69歳と11ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
風が おしえて くれた 真心とは 強く生きる心 たとえ この身は 傷ついて いても 消しは しない 愛の灯は 苦しみの中に 一人生きる あゝ エンジェル エンジェル 傷だらけの エンジェル
風と いっしょに 生きる 強い嵐に もまれ もまれて 今日も 遠い幸福 求めて歩く この命の ある限り 苦しみの中に 一人生きる あゝ エンジェル エンジェル 傷だらけの エンジェル
風に 聞いて おくれ 孤独な道が どんなに けわしい道か だけど心に 真心抱いて この道の つづく限り 苦しみの中に 一人生きる あゝ エンジェル エンジェル 傷だらけの エンジェル
posted by みなさぶろう at 17:14 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.