みなさぶろうの「雪国の町/石原裕次郎」

みなさぶろうの98曲目は、1965年(昭和40年)9月に発売された石原裕次郎さんの「雪国の町」です。

20201203.jpg
作詞:萩原四郎/作曲:上原賢六
川の澱みに 石を投げる 何という寂しい 水の音か 思い出は にがい あの娘は 遠い ああ〜 雪国の いで湯の町よ
生きて逢う日は またとないが 面影にひかれて 北の旅へ 一年も 過ぎて あの娘が 恋し ああ〜 あの夜の いで湯の宿よ
山のふもとを 汽車が通る 何という佗しい 汽笛(ふえ)の音か 思い出が つらい あの娘に 済まぬ ああ〜 雪国の いで湯の駅よ
 
posted by みなさぶろう at 17:38 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.