みなさぶろうの「母/氷川きよし」

みなさぶろうの117曲目は、2020年(令和2年)2月に発売された氷川きよしさんの「母」です。

20211022.png

作詞:なかにし礼/作曲:杉本眞人
普段の小さな耳鳴りが激しくなって3ヶ月以上も続き、ちょっとうつ状態でしたが、2年ぶりに通院した病院の薬や漢方薬が効いてきたのか、やっと以前のように少しの耳鳴りに落ち着いてきて、聴こえなくなっていた左耳の聴力も少し戻り、4ヶ月ぶりに唄う気持ちが出てきてきました 外出が通院と買い物の時だけなので、運動不足が原因したかも。動画は pixabayさんのサイト等の無料動画を編集して作成しました。みなさぶろう71歳と2ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
離れていても そばにいてくれる 淋しくなると つい呼んでしまう その人の名は・・・ 母 ぼくの母さん・・・・・・・ ぼくは まだ 未熟者で
心配の かけどおしだ だけど母さん 見ていて おくれ ぼくは やるよ 何事かを なすよ 希望の星を 追いかけろ あきらめなければ 負けないと
励まし つづけて くれた人 ああ 母ありてこそ 母ありてこそ だから母さん 生きていて ください 永遠(とこしえ)に ――。
  
posted by みなさぶろう at 16:51 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.