みなさぶろうの「涙は眠れない/西郷輝彦」

みなさぶろうの128曲目は、1969年(昭和44年)3月に発売された、西郷輝彦さんの「涙は眠れない」。西郷さんは24曲目のカバーです。

665表紙.png

作詞:星野哲郎/作曲:叶 弦大/編曲:荒川圭男
動画は猿江恩賜公園の風景に、拝借した siawasesan さんの動画を挿入して編集しました。
みなさぶろう71歳と6ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
僕のこの目をじっと のぞいてごらんよ わかるはずだよ せつない胸が 知らずに踏んだ 野バラの花を すててきたのは 僕だから 僕だから 涙は 涙は 瞼をぬらし 眠れないのさ 愛していたからさ
何もいわないことが いちばんいいのさ 嘘になるから 黙ってるのさ 夜霧のなかへ 忘れていった たったひとつの 恋だから 恋だから 涙は 涙は 昨日も今日も 清いひかりを 忘れちゃいないのさ
みんな楽しくうたう 湖畔のロッジへ ひとりきたのさ 忘れるために このままここで 枯れ葉のように 散ってゆくのは いやだから いやだから 涙は 涙は 小川のように
  
posted by みなさぶろう at 09:45 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.