みなさぶろうの「桜花のとき/西郷輝彦」

みなさぶろうの131曲目は、1999年(平成11年)2月に発売された西郷輝彦さんの「桜花のとき」です。

20220406.png

作詞:荒木とよひさ/作曲:中川博之/編曲:竜崎孝路 西郷輝彦さんのカバーは、27曲目。みなさぶろう71歳と7ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
桜の花の 花のひとひらが 幸せ薄い お前の肩に 春よ春よ このまま 春よ春よ 散らずに ふたりを見捨てて 逃げないで この世が夢の 夢の途中なら
川辺に遊ぶ 遊ぶ子供たち 大人になるな 悲しいだけの 春よ春よ このまま 春よ春よ あしたも 小指をつないだ ぬくもりを この世が夢の 夢の続きなら
涙がもしも もしもこぼれたら 昨日のどこか 捨てればいいさ 春よ春よ このまま 春よ春よ 心の ちいさな陽だまり 消さないで この世が夢の 夢の桜(はな)ならば
  
posted by みなさぶろう at 18:23 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.