みなさぶろうの「さらばシベリア鉄道」

みなさぶろうの56曲目は、1980年(昭和55年)にリリースされた大瀧詠一さんの「さらばシベリア鉄道」です。

表紙.png

作詞:松本 隆/作曲:大瀧詠一 39年も昔の歌ですが、知ったのは1ヵ月ほど前です😅 作詞の松本隆さんが、太田裕美さんに提供した「木綿のハンカチーフ」の歌詞と同じ様に、女性と男性が交互に語る構成の歌詞ですね。
太田裕美さんのシングルとして発表された後、他にも何人かがカバーされています。その一人の小林旭さんが、「アキラの さらばシベリア鉄道」としてアレンジして歌っています。
女房は小林旭の歌は好きじゃないけど、この歌は「アキラの」の方が好きだからこっちを歌えばと言われたので、演歌調にアレンジされた「アキラの」のも、いつかカバーしてみたいです。
みなみなさぶろう69歳と3ヵ月の時。⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
哀しみの裏側に 何があるの? 涙さえも凍りつく 白い氷原 誰でも 心に冬を かくしてると 言うけど あなた以上 冷ややかな 人はいない
君の手紙読み終えて 切手を見た スタンプには ロシア語の 小さな文字 独りで決めた別れを 責める言葉捜して 不意に 北の空を追う 伝えておくれ 十二月の旅人よ いついつ いつまでも 待っていると
この線路の向こうには 何があるの? 雪に迷う トナカイの 哀しい瞳 答えを出さない 人に 連いてくのに 疲れて 行き先さえ 無い明日に 飛び乗ったの
ぼくは照れて 愛という言葉が 言えず 君は 近視まなざしを 読みとれない 疑うことを覚えて 人は生きてゆくなら 不意に 愛の意味を 知る
伝えておくれ 十二月の旅人よ いついつ いつまでも 待っていると
posted by みなさぶろう at 20:34 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「北風 North wind」

みなさぶろうの55曲目は、1964年(昭和39年)2月に発売された北原謙二さんの「北風」です。

1020hyousi.png

昭和32年8月に小坂一也さんも「北風さん」というタイトルでレコード化していますが、元々は、テキサス・ビル・ストレングスの歌だそうです。
作詞・作曲:モリス 編曲:保坂俊雄/作詞:服部レイモンド
パソコンに触れてから15年ほどになりますが英語が苦手でいつも苦労してます😅
この歌2番がもろ英語の歌詞なので敬遠してましたが、アメリカ在住の ajoshi さんから、歌われるなら協力させていただきますからと言っていただき、発音の指導を何度も添削していただきました。ajoshi さん、ありがとうございました。おかげさまでアップすることが出来ました。
動画は「カラオケロッキー6」さんからお借りしたのを編集しています。
みなみなさぶろう69歳と2ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
えくぼの可愛い 子だったが 北風がつれて 行っちゃった 今ではあの子を 呼んだとて 冷たい北風 吹くばかり
ノース・ウィーンド ノース・ウィーンド あの子は どこだろ ノース・ウィーン どこだよ 返しておくれよ
Well once I met a pretty little girl and she was fair to see
I fell in love with that pretty little girl she fell in love with me
I kissed her on her dimpled chin while stars in heaven did play
But along came a-howlin’ th at old north wind and carried her away
North wind, North wind
Bring my baby back again
North wind, where did she go?
Nobody but you will ever know.
posted by みなさぶろう at 23:03 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「長いお下げ髪/守屋 浩」

みなさぶろうの54曲目は、1962年(昭和37年)11月20日に発売された守屋 浩さんの「長いお下げ髪」です。

表紙.png

前回「僕は泣いちっち」をアップしたら、守屋浩は「長いお下げ髪」の方が記憶に残っていると言われた方がいて、初めてこの曲を知りました。
なるほどいい曲で、3日間毎日歌って練習していたら、年上の女房が昭和37年当時聴いた記憶があるけど、こんなにいい詩だったとはと言って、初恋の当時を思い出して切なく優しく柔らかく歌いなさい。といつもの歌唱指導を受けましたが、、、😊
作詞・作曲:神津善行 みなみなさぶろう69歳と2ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
 
長い おさげ髪 あの娘の ことさ あぜ道 帰り いじめた 娘だよ 忘れは しない おさげ髪 だよ 別れの 時に 何にも 云えず おさげの リボンを 投げてった 涙の つぶが 光って いたね これが これが 恋ならば 僕は 僕は 淋しいよ 僕は 今日も 今日も 一人ぼっち
長い おさげ髪 あの娘の ことさ 鎮守の 森で 泣かせた娘だよ 忘れは しない おさげ髪 だよ 別れて 一度 手紙の 中に おさげのリボンを 入れて来た 涙の あとが じんで いたね これが これが 恋ならば 僕は 僕は 淋しいよ 僕は 今日も 今日も 一人 ぼっち
posted by みなさぶろう at 11:16 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「僕は泣いちっち/守屋 浩」

みなさぶろうの53曲目は、1959年(昭和34年)9月に発売された守屋 浩さんの「僕は泣いちっち」。

20191020.png

上京して51年経った今も、小学生の頃の記憶で中学生の従兄弟が部屋に寝っ転がって切なくこの歌を口ずさんでいた光景を時々思い出します。30代の頃カラオケスナックで何度か歌い、直近では10年前の同窓会で一人カラオケ状態で歌っています。酔うと歌いたくなる歌です(^_^;)。守屋浩はさん北原謙二さんより1歳年上の昭和13年生まれで、みなさぶろうより一回り上の81歳で健在です。作詞・作曲:浜口庫之助 動画は 富山北陸 さんからお借りしました。編集しています。みなみなさぶろう69歳と2ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
僕の恋人東京へ行っちっち僕の気持を知りながらなんでなんでなんでどうしてどうしてどうして東京がそんなにいいんだろ僕は泣いちっち横向いて泣いちっち淋しい夜はいやだよ僕も行こうあの娘の住んでる東京へ
祭の太鼓がテンテケテンと鳴っちっちみんな浮き浮き踊るのになんでなんでなんでどうしてどうしてどうして僕だけションボリみそっかす涙がホロリひとりで出っちっちお祭りなんかいやだよ僕は思う遠い東京のことばかり
上りの急行がシュッシュラシュッと行っちっちいやな噂をふりまいてせめてせめてせめて遠い遠い東京の空に飛んでけちぎれ雲汽笛が鳴っちっち遠くで鳴っちっち夜汽車の笛はいやだよ早く行こうあの娘の住んでる東京へ
posted by みなさぶろう at 22:40 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「ふるさとのはなしをしよう/北原謙二」

みなさぶろうの52曲目は、北原謙二さんの「ふるさとのはなしをしよう」です。
中学生の時よく口ずさんでいた覚えがあります。ラジオで流れていたのを自然と覚えたのでしょうが今は何度聴いても覚えられない。カラオケでは覚える必要はないか(^_^;)。
kitaharakenji01.png
作詞: 伊野上のぼる 作曲:キダ・タロー 昭和40年1月発売
2ヵ月前にアップする予定でしたが耳鳴りがひどくて今日になりました。おかげで楽譜を見直して練習出来て自分なりには良かったです。いつものように編集ソフトでリバーブをかけたが、この曲には合わない感じがしたので、パソコン前で歌ったままの声でアップしました。
動画は、カラオケロッキー6さんからお借りして編集しました。
みなみなさぶろう69歳と2ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
砂山にさわぐ潮風 かつお舟はいる浜辺の夕焼けが海をいろどる きみの知らない ぼくのふるさと ふるさとの はなしをしよう
鳴る花火ならぶ夜店に縁日の まちのともしび 下町の 夜が匂うよ きみが生まれた きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう
今頃は丘の畑に 桃の実が赤くなるころ 遠い日の夢の数々 ぼくは知りたい きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう
posted by みなさぶろう at 21:39 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「熊野路へ/坂本冬美」

みなさぶろうの51曲目は、2018年9月に発売された坂本冬美さんの「熊野路へ」です。
20191014-thumbnail2.png
昨年9月に発表されたのですが、この曲の作詞・作曲が吉 幾三さんとはと、おどろきました。難しい曲でしたが、故郷が舞台なのでアップしたいとアップリストに入れました。歌詞の中にある熊野三山とは、和歌山県の熊野本宮退社、熊野速玉大社、熊野那智大社のことで、熊野古道観光するように辿っていて、成る程と感心しました。キーは −4です。熊野古道は私の故郷(三重県熊野市)にも通っています。山口えい子さんからお借りした動画を編集しました。
みなみなさぶろう69歳と2ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
あなたといつか 歩いた道を 今はひとりで行く 熊野古道を 那智の滝へと 想い出 辿る旅
posted by みなさぶろう at 23:18 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語の歌詞が入った「North Wind・北風」を練習中

8月から持病の耳鳴りがひどくて、左耳が聴こえなくなり、もう1ヵ月半以上。なのでYouTubeへの歌のアップもお休み状態です。

いつもは2週間くらいで元に戻っていたのですが、今回は自分の声が左耳の中で反響し、高い音は脳天まで反響するほど。今も状態はあまり変わりませんが、体が順応したというか、その環境(反響状態)に慣れたようです。

北原謙二さんの「ふるさとの話をしよう」の動画の準備が出来てるのですが、そのうちにアップしたいです。北原さんの歌は音域が同じなので歌いやすいです。

北原さんも歌っている「北風」も好きな歌でアップしたかったのですが、2番の歌詞が英語なので、英語がまったくダメな私なので諦めていました。
20190917.png

中学3年間の英語授業の先生は、小学3年生の時の担任の先生でした。英語の授業中、先生の話は上の空で好きな漫画の事ばかり考えたり、家での復習、予習の勉強は一切しなかったので、3年の3学期の通信簿は1。その先生は何年か前に亡くなってますが、今だに名前を君づけで呼ばれた声が耳に残っています。
てつや君!!

そんな みなさぶろうが英語の歌に挑戦する?

それはYouTubeで知り合ったアメリカに住む ”ajoshi”さんからのメールがその気にさせてくれました。
ajoshi さん無断でごめんなさい!

もし、歌われるなら協力させていただきます。歌詞はカタカナで書いて、あとは歌うだけです。
英語は、日本語にはない発音、音がありますから、そこをどうするか・・なのですが、それはコツをお教えしますよ。

北原謙二の「北風」ですが、これはウェスタンの定番曲です。元々は、テキサス・ビル・ストレングスの歌でした。
その後、十朱幸代の元旦那の 小坂一也 が歌いました。

北原謙二に比べると、小坂の方が英語の発音が良いです。
英語の歌は、そんなに構える必要ないですよ。
英語読めない方が、音で取れますから、返って良いんじゃないでしょうかね。


このメールが英語が苦手なみなさぶろうに「北風」を歌う気にさせてくれました。

すぐに歌いたいですと返した返事のメールには、ajoshi さんが英語で歌っている「北風」が2曲貼り付けてありました。

教わった練習方法でやりだしたが、何度聴いても何と発音しているのか聞き取れなくて弱っていたのです。
無理かな、と、、、が3日ほど経った頃聞き取れるようになってきたのです!
女房から70歳の手習いでスピードラーニング始めたらと冗談を言われ、なるほどとCMの放送内容を納得しました(^_^;)。

1年後くらいにアップしようと考えてましたが、北風が吹く頃にはアップ出来そうかなぁ。
中学の同級生の皆さん、笑いながら期待しててね(^_^;)。

私より二つ若い ajoshi さん、上手いです。低音の声が素晴らしいです。
私のYouTubeデビュー曲(^_^;) の「あゝ青春の胸の血は」など舟木さんも多くカバー してます。
 
posted by みなさぶろう at 20:08 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「みだれ髪/美空ひばり」

みなさぶろうの50曲目は、1987年(昭和62年)12月に発売された美空ひばりさんの「みだれ髪」です。

20190728.png

作詞:星野哲郎/作曲:船村 徹
ひばりさんは「みだれ髪」の2年後に亡くなって、早いものでもう30年にもなるんですね。
1989年(平成元年)6月24日永眠。合掌。
動画は「コロムビア・カラオケ」からお借りして編集しました。
みなみなさぶろう68歳と11ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出しが 風に舞う 憎や 恋しや 塩屋の岬 投げて届かぬ 想いの糸が 胸にからんで 涙をしぼる。すてたお方の しあわせを 祈る女の 性かなし 辛らや 重たや わが恋ながら 沖の瀬をゆく 底曳き網の 舟にのせたい この片情け。春は二重に 巻いた帯 三重に巻いても 余る秋 暗や 涯てなや 塩屋の岬 見えぬ心を 照らしておくれ ひとりぽっちに しないでおくれ
posted by みなさぶろう at 16:01 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「ひまわり/門倉有希」

みなさぶろうの49曲目は、門倉有希さんの「ひまわり」です。

20190721.jpg

この曲は1996年(平成8年)2月に「どん底」とカップリングされて発売され、大きなヒットとはなりませんでしたが、2017年7月、21年ぶりに新曲として再発売されています。
作詞:荒木とよひさ/作曲:浜 圭介 動画は 来夢来人さんからお借りしました。
みなみなさぶろう68歳と11ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
あんたなんか どこでも行きな もう 惚れて ないからね 寂しい男だよ いい格好してさ 本当は 優しくなんか なかった でも 好きだったよ 悲しかったよ 生まれてこなけりゃ 良かったくらい あんたの胸に 綺麗に咲いた あたし ひまわり ひまわりだった
あんたなんか 不幸になりな もう 関係 ないからね あしたも あさっても 想いでのおまけ あの日の ふたりになんか なれない でも 好きだったよ 楽しかったよ 死んでしまえば 良かったくらい あんたの胸に いっぱい咲いた あたし ひまわり ひまわりだった
でも 好きだったよ 悲しかったよ 生まれてこなけりゃ 良かったくらい あんたの胸に 綺麗に咲いた あたし ひまわり ひまわりだった あたし ひまわり ひまわりだった
posted by みなさぶろう at 02:42 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「北国の街/舟木一夫」

みなさぶろうの48曲目は、1965年(昭和40年)に発売された舟木一夫さんの「北国の街」です。

20190627.png

作詞:丘 灯至夫 作曲/編曲:山路 進一  動画は、utatane song さんからお借りしました。
みなみなさぶろう68歳と10ヵ月の時。チャンネル登録お願いします。⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
名残りが燃える 心が残る ふたりでかえる アカシアの道 今夜だけでも そばにいて 眺めていたい ひとつ星 ぼくたちだけの よろこびが住む 北国の街
ちいさな花を ひろった指と ほのかに恥らい 見あげた顔に たとえ別れが あろうとも 心はいつも 変らぬと 誓ってくれた 夜更けの恋よ 北国の街
夜風がゆれる 灯りがうるむ 肩よせあるく アカシアの道 ここでさよなら するけれど 明日もいい娘で いて欲しい ぼくたちだけの しあわせがある 北国の街
posted by みなさぶろう at 17:55 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「はやぶさの歌/舟木一夫」

みなさぶろうの47曲目は、1965年(昭和40年)に発売された舟木一夫さんの「はやぶさの歌」。
映画「北国の街」の挿入歌です。

061917.png

作詞:丘 灯至夫/作曲:山路 進一  みなみなさぶろう68歳と10ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
萬年の 雪積む山の いたゞきに はやぶさは住む 嵐おそれず 吹雪にたえて 春くれば 春くれば あかるく うたう
群れをなす 敵はあれども ただ一羽 はやぶさはとぶ 翼ひろげて ねらいをさだめ わが空を わが空を はゞたき 進む
たくましく 生きるよ僕も 今日もまた はやぶさのよう 心かよわい 君をいたわりげ手をそえて 手をそえて はましながら
posted by みなさぶろう at 17:37 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「友を送る歌/舟木一夫」

みなさぶろうの46曲目は、1966年(昭和41年)4月に発売された舟木一夫さんの「友を送る歌」。その年に映画化(監督:西川克己)もされています。

顔000.png

作詞:植田俤子/作曲・編曲:戸塚三博
簡単な歌のようでしたが、なかなか苦労しました(^_^;)。動画は siawasesanさんからお借りして編集しました。
みなみなさぶろう68歳と10ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
きみは別れてゆく 風の中 きみは別れてゆく 遠い道 うしろすがたに ただ祈る 夢をそだてた 青春の日を 忘れてくれるな いつまでも
きみの愛したひと いまはなく きみの愛した街 あかねいろ うしろすがたに 思い出す 若い涙を 流したきみと ふたりでささげた 白い花
きみは歩いてゆく 眉上げて ぼくも歩いてゆく はるばると うしろすがたの さびしさも ひとり旅立つ 男の心 幸せ祈るよ いつまでも いつまでも…
posted by みなさぶろう at 00:37 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「仲間たち/舟木一夫」

みなさぶろうの45曲目は、1963年(昭和38年)11月に発売された舟木一夫さんの「仲間たち」です。

20160605.png

作詞:西沢 爽/作曲:遠藤 実  動画はsiawasesanからお借りして編集しました。
2019年6月5日録音。みなみなさぶろう68歳と9ヵ月の時。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
歌をうたって いたあいつ 下駄を鳴らして いたあいつ 思い出すのは 故郷の道を みんな一緒に はなれずに ゆこうといった 仲間たち。
帽子まるめて いるあいつ リンゴ噛って いるあいつ 記念写真は とぼけていても 肩をならべた ツメエリにゃ 夢をだいてた 仲間たち。
手紙よこせと いうあいつ あばよ あばよと いうあいつ 口じゃ元気に どなったくせに ぼくが故郷を たつ朝は 涙ぐんでた 仲間たち。
posted by みなさぶろう at 22:26 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「雪国へ/舟木一夫」

みなさぶろうの44曲目は、1966年(昭和41年)に発売された舟木一夫さんの「雪国へ」です。

20190602.png

作詞:植田俤子/作曲・編曲:山路進一  カラオケ曲が無く、ところどころ舟木さんの声が漏れています(^_^;)。
動画は siawasesanさんからお借りして編集しています。感謝です。
チャンネル登録お願いします⇒https://www.youtube.com/user/NAGA55YOU
みなさぶろう68歳と9ヵ月の時。
雪国の夜を 汽笛は低く鳴る いま帰りゆく ふるさとに あゝ あゝ ねむるあなたは 小さな胸に 待ちわびただろ 春がくるのを もう一度 笑顔 見たかった。
雪国の道は はてなくつづくのか いまひらけゆく ふるさとよ あゝ あゝ 愛していれば いつか逢えると 信じていたろ おなじ心で 幸せなひとに したかった。
雪国の恋は かえらず涙わく いまあけそめる ふるさとに あゝ あゝ あの人の瞳か 白い星ひとつ さびしかったろ ひとり逝くのは 好きだった花を ささげよう。
posted by みなさぶろう at 22:57 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「つばさ/舟木一夫」

みなさぶろうの43曲目は、1983年(昭和58年)4月に発売された舟木一夫さんの「つばさ」です。
画像をクリックするとYouTubeが開きます。
20190526.png

作詞・作曲:上田成幸 画像は「ぱくたそ」さんからお借りしました。
2019年5月25日録音 みなさぶろう68歳と9ヵ月。
風のままに 雲は流れる 何を夢みて 俺は 今 旅立つ ざわめきに消えた 春の短さ にぎりしめて 涙 ぬぐえば 空は 空は ただ 夕やけ
時のままに 人は流れて 過ぎた季節を 花を ふと いとしむ あのひとに 友に 告げた さよなら にぎりしめて 涙 ぬぐえば 空は 空は ただ 夕やけ
”欲しいなァ つばさ”
なつかしい恋も 愛の形見も つばさ深く 抱いて とびたい 高く 遠く ただ はるばる なつかしい歌も 友の笑顔も つばさ深く 抱いて とびたい 高く 遠く ただ はるばる
posted by みなさぶろう at 02:26 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「愛は一期一会/北原ミレイ」

みなさぶろうの42曲目「愛は一期一会」は、森下文化センターでの歌謡講座の課題曲でした。
画像をクリックするとYouTubeが開きます。
20190518.png

作詞:たきのえいじ/作曲:弦 哲也 キーはプラス6です。
動画は、南の旅人さんからお借りしました。2019年5月17日、自宅パソコンで録音。みなさぶろう68歳と9ヶ月。
幸せ計るものさしがありますか 時をもどす時計があいrますか 人生は一幕だけの劇場 続きのない物語 愛は一期一会 一瞬の奇跡 あなたに会えてよかった
posted by みなさぶろう at 14:33 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「まだみぬ君を恋うる歌」

みなさぶろうの41曲目は、1964年(昭和39年)に発売された舟木一夫さんの「まだみぬ君を恋うる歌」です。
画像をクリックするとYouTubeが開きます。
まだ.png

作詞:丘 灯至夫 作曲・編曲:山路 進一 動画は、8823さんからお借りしました。感謝です。
2019年5月9日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と8ヵ月。キーはプラス1です。
夕陽の空に 希望(のぞみ)をかけて 心ひそかに 夢を見る 逢いたくて 逢いたくて この世にひとり いる まだ見ぬ君を 恋うるかな
どこかで眠る その人だって ひとり苦しい 夜もあろ 淋しくて 淋しくて 数ある乙女 そのなかの まだ見ぬ君を 恋うるかな
険しい道も 二人でならば 心強かろ 明るかろ 逢えたらば 逢えたらば やさしく肩に 手をおこう まだ見ぬ君を 恋うるかな
posted by みなさぶろう at 22:13 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「青春の鐘/舟木一夫」

みなさぶろうの40曲目は、1969年(昭和44年)1月公開の映画「青春の鐘」の同名主題歌です。
画像をクリックするとYouTubeが開きます。
20190404.png

カラオケ館でこの曲はCD録音できなかったので、デジカメの録音を使いました。作詞:丘 灯至夫/作曲・編曲:古関裕而
動画はsiawasesanからお借りして編集しました。感謝です。
2019年5月9日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と8ヵ月の時。
水色の空 鳴る鳴る鐘は 花いまひらく 大地の春よ 愛のきらめき 南風 悲しみは捨てたまえ 雪崩も消える ああ 青春に 希望(のぞみ) あり。 秘かに こころ 寄せあう ひとも やがては遠く 別れるひとか 声を忍んで 泣くな君 いつの日か 懐かしの思い出となる ああ 青春に 憂いあり。 太陽の下(もと) かげろう ゆれて 巣立ちの鳥も あの森越える 君は微笑む 白椿 はげまして 慰めて 旅ゆく彼方 ああ 青春に 未来あり
posted by みなさぶろう at 15:19 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「さんざしの花咲けば/舟木一夫」

みなさぶろうの39曲目は、1967年(昭和42年)8月に発売された舟木一夫さんの「さんざしの花咲けば」です。
作詞:丘 灯至夫/作曲・編曲:戸塚 三博  画像をクリックするとYouTubeが開きます。

20190403.png

2019年4月2日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と7ヶ月。
画像は、MIXnatumerowo1 さんからお借りしました。
さんざしの花咲けば さんざしの花に似た あのひとのあたたかな あたたかな声がする いつもひとり丘のうえ 雲をみてたこの僕に ひとのやさしさをそっと教えた あのひとのあたたかな あたたかな声がする
さんざしの花咲いて 春はまた来たけれど さんざしの花に似た あのひとはかえらない 胸を張って生きている 僕の姿見せたなら 泣いて手をとって くれるだろうか さんざしの花に似た あのひとはかえらない
さんざしの花びらを 手のひらにのせるとき あのひとの横顔が 横顔が見えてくる みんないつか別れてく これがひとのさだめだと 誰かなぐさめて くれたけれど あのひとの横顔が 横顔が見えてくる
posted by みなさぶろう at 20:23 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「涙になりたい/西郷輝彦」

みなさぶろうの38曲目は、1966年(昭和41年)に発売された西郷輝彦さんシングル23曲目で、雑誌の平凡が募集した「西郷輝彦の唄う歌」当選作の「涙になりたい」です。 画像をクリックするとYouTubeが開きます。

20190316.png

作詞:杉本好美/作曲:北原じゅん 動画は、utatane song さんからお借りしました。
2019年3月15日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と7ヶ月。
涙になりたい ぼく 涙になって 君のその頬を 濡らしたい 誰よりも 君が好きだから ぼくのこの愛を 涙でやさしく 君に伝えたい
posted by みなさぶろう at 20:17 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「若い明日/北原謙二」

みなさぶろうの37曲目は、昭和38年(1963年)に発売された 北原謙二さんの「若い明日」です。
作詞:石本美由紀/作曲:遠藤 実    画像をクリックするとYouTubeが開きます。

20190305.png

2019年3月4日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と6ヶ月。
画像は、utatane song さんからお借りしました。
赤い野の花 あの娘と摘めば 空でつばめが 宙返り 宙返り 幼馴染みの 初恋は 好きと言えない まだつぼみ 若い明日の 若い明日の 風に咲け
たまらないほど いとしいけれど 肩も抱けない もどかしさ もどかしさ じっとだまって 見つめたら 頬が燃えてる お下げ髪 若い明日の 若い明日の 恋人さ
どんな時でも 悲しみなんか 僕は知らない 持ってない 持ってない いつも二人で しあわせの 星をこゝろに 呼びながら 若い明日の 若い明日の 夢を見る
posted by みなさぶろう at 19:51 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「あゝりんどうの花咲けど/舟木一夫」

みなさぶろうの36曲目は、1965年(昭和40年)6月に発売された舟木一夫さんの「あゝりんどうの花咲けど」です。
作詞:西沢 爽/作曲:遠藤 実    画像をクリックするとYouTubeが開きます。
タイトル.png

2年前YouTubeで初めて歌ったのも舟木一夫さんでした。以前はカラオケ館に行ってその日のうちにアップしてましたが、女房にあわてることなく納得いくまで練習しに行けばと諭されました(^_^;)。今回のこの「あゝりんどうの花咲けど」は2度目のカラオケ館録音で、キーを1つ上げてます。2019年3月4日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と6ヶ月。画像は、8823 terminal さんからお借りしました。

さみしく花に 口づけて 君は眠りぬ 永遠(とこしえ)に あゝ りんどうの うす紫の 花咲けど 高原わたる 雲あわく 白き墓標は 丘の上。やつれし君の 枕辺に 花を飾りし 日はいずこ あゝ りんどうの うす紫の 花咲けど かえらぬ君を 泣くごとく 露を宿して 揺れる花。白樺道に ひとり聞く 歌はかなしき 風の歌 あゝ りんどうの うす紫の 花咲けど 初恋あわれ いまはただ 誰に捧げん この花ぞ
posted by みなさぶろう at 23:25 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「美唄の風/真木柚布子」

みなさぶろうの35曲目は、真木柚布子さんの「美唄の風 」です。
作詞:下地亜記子/作曲:弦 哲也/編曲:前田俊明    画像をクリックするとYouTubeが開きます。
真木柚布子.jpg

森下文化センターの歌謡教室での課題曲を、プラス4のキーで歌いました。
動画は山口えい子さんからお借りしました。曲は、2019年2月18日 カラオケ館・錦糸町店で収録
人生は 涙と笑顔の 繰りかえし つまずいて 転んだり 迷子になったり だけど泣かない くじけない 心には 愛がある 歌がある
posted by みなさぶろう at 11:47 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの 「みんな名もなく貧しいけれど/三田 明」

みなさぶろうの34曲目「みんな名もなく貧しいけれど」はカラオケ曲がないので、パソコンのYouTube画面を見ながら、三田 明さんとコラボしました。作詞:宮川哲夫/作曲:吉田 正。   画像をクリックするとYouTubeが開きます。

001.jpg

2019年1月19日収録、みなさぶろう68歳と6ヶ月。動画は、Shiokaze 1964 さんからおかりしました。
風は今夜も冷たいけれど 星はやさしくささやきかける 昼は楽しく働く仲間 みんな名もなく貧しいけれど 学ぶよろこび知っている
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「から松林の別れ道/西郷輝彦」

みなさぶろうの33曲目は、1965年(昭和40年)に発売された西郷輝彦さんの「から松林の別れ道」です。
作詞:水島哲 作曲・編曲:北原じゅん   画像クリックで YouTubeに!

karama33.jpg

画像は、utatane song さんからお借りしました。
2019年1月15日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と5ヶ月。  
から松林の別れ道 君とさよならさせる道 あしたまたねと手を握りゃ 茜の雲がきょうもまた 君のひとみにうつってた
から松林の別れ道 なぜかさびしくさせる道 君の姿が消えるまで 見送るぼくの影長く 風に梢が鳴っていた
から松林の別れ道 みんなそう呼ぶ細い道 けんかした日の君とぼく 仲なおりしたときのこと すべて知ってる別れ道
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「雪が降る/アダモ」

みなさぶろうの32曲目「雪が降る」。アダモにとって世界で最もよく知られた代表曲のひとつ。
作詞:安井かずみ/作曲:Salvatore Adamo (アダモ)    画像をクリックするとYouTubeが開きます。

yukiga32.png

2019年1月15日、カラオケ館・錦糸町店で収録。みなさぶろう68歳と5ヶ月。
雪は降る あなたはこない 雪は降る 重い心に むなしい夢 白い涙 鳥は遊ぶ 夜は更ける あなたはこない いくら呼んでも 白い雪が ただ降るばかり ラァ〜ラ ラ〜ラ ラ〜ラ ラ〜
雪は降る あなたの来ない夜 雪は降る すべては消えた むなしい夢 白い涙 鳥は遊ぶ 夜は更ける あなたはこない いくら呼んでも 白い雪が ただ降るばかり ラァ〜ラ ラ〜ラ ラ〜ラ ラ〜
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「君だけを/西郷輝彦」

みなさぶろうの31曲目は、西郷輝彦さんのデビュー曲(昭和39年・1964年)です。作詞:水島 哲/作曲:北原じゅん
画像をクリックするとYouTubeが開きます。

kimi31.jpg

動画は、8823 ターミナルズさんからお借りしました。
曲は、2018年12月7日 カラオケ館・錦糸町店で収録
いつでも いつでも 君だけを 夢にみている ぼくなんだ 星の光を うつしてる 黒い瞳に 出合うたび 胸がふるえる ぼくなんだ
いつでも いつでも 君だけが 待っていそうな 街の角 そんな気持に させるのは 君の素敵な 黒い髪 雨に濡れてた 長い髪
いつでも いつでも 君だけと 歩きたいのさ 夜の道 ふたつ並んだ あの星も いつも仲良く ひかってる 君と僕との そのように
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「灯ともし頃/桜井くみ子」

みなさぶろうの30曲目「灯ともし頃」は、森下文化センターの歌謡教室での課題曲でした。キーはプラス5です。
作詞・作曲:永井龍雲/編曲:萩田光雄     画像をクリックするとYouTubeが開きます。

hitomosi30.jpg

動画は、山口えい子さんからお借りしました。曲は、2018年12月7日 カラオケ館・錦糸町店で収録
寂しげに 街が暮れ行く 灯ともし頃は 貴方の声が 聞きたくなります 電話かけても いいですか
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「十七才のこの胸に/西郷輝彦」

みなさぶろうの29曲目は、中学生の時よく歌った、西郷輝彦さんの「十七才のこの胸に」です。
作詞:水島 哲/作曲:北原 じゅん     画像をクリックするとYouTubeが開きます。

jyunanasai29.png

曲は、2018年12月7日 カラオケ館・錦糸町店で収録
動画は、8823 ターミナルズさんからお借りしました。
風に吹かれた 花びらを うかべて波は 遠ざかる ひとりぼっちの 湖は 口笛さえも 切れ切れに 山むらさきに 夜がくる
空をまっかに そめながら どこ行く夕日 ひとり旅 そっとよぼうか 思い出を 十七才の この胸に しまっておいた 思い出を
夜がしずかに 訪れりゃ 湖さみし 風さみし ひとりぼっちのぼくだから あてなくたどる落葉松の 林の道を ただひとり
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「北の大地/北島三郎」

みなさぶろうの28曲目は、北島三郎さんの北の大地です。作詞:星野哲郎/作曲:船村 徹/編曲:南郷達也
画像をクリックするとYouTubeが開きます。
北の大地28.png

動画は karaTube さんからお借りしました。曲は、2018年11月9日 カラオケ館・錦糸町店で収録
はるかなる 北の空 木霊も叫ぶ エゾ松林 母の大地に根を下ろし 雪を吸い みぞれを背負い この人生を アア… アアア… 噛みしめる
鈴蘭よ ハマナスよ 出逢いの時を 信じて耐えた 愛がそのまゝ 花となる その姿 その凛々しさが 縛られた春の アア…アアア… 扉を開ける
ギラギラと 燃えながら 夕陽はうたう 大地の歌を 汗と涙を 分けあった 幾歳の 希望の道に おまえとおれの アア…アアア… 星が降る
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.