みなさぶろうの「吾亦紅/すぎもとまさと」

みなさぶろうの94曲目は、2007年(平成19年)2月にリリースされた すぎもとまさと さんの「吾亦紅」です。
20201021表紙.png
作詞:ちあき哲也/作曲:杉本眞人
母を亡くした杉本さんが深く落胆している時に、杉本さんの母親と文通していた ちあき哲也さんが「吾亦紅」を作詞した。リリースされた年に「第58回NHK紅白歌合戦」に初出場。58歳の時。これをきっかけに杉本眞人さんが、歌手・作曲家として認知を広げた曲。吾亦紅の漢字表記には、吾木香、我毛紅、我吾紅がありました。「われもこうありたい」という思いを込めて名付けられたとか。
動画の殆どは、故郷の風景です。みなさぶろう70歳と2ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
マッチを 擦れば おろしが 吹いて 線香が やけに つき難(にく)い さらさら 揺れる 吾亦紅 ふと あなたの 吐息のようで…

   
posted by みなさぶろう at 15:24 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「無法松の一生(度胸千両入り)/美空ひばり」

みなさぶろうの93曲目は、1958年(昭和33年)7月に発売された「無法松の一生(度胸千両入り)」の美空ひばりさんバージョンです。
表紙665.png
作詞:吉野夫二郎/作曲:古賀政男
30代の頃カラオケスナックで「無法松の一生」を頼んだ時、ママさんから「どっちの無法松の一生?」と聞かれ、面食らったことがありました。
「無法松の一生」と「無法松の一生(度胸千両入り)」の2曲があったのですね。
最初に発売されたのよりも、同じ年に発売された、〜度胸千両入り〜の方が知られていますが、今回2曲を聴いて、歌詞の違いを初めて知りました😅 歌詞は最初の方が好きですが、曲は絶対に後の方ですね😆 最初に発売された「無法松の一生」2番の歌詞 今宵冷たい 片割れ月に 見せた涙は 嘘じゃない 女嫌いの 男の胸に 秘める面影 誰が知る 男松五郎 何を泣く。歌詞の最後、夫婦波は「みょうと」ではなく、ひばりさんと同じに「めおと」と唄いました。動画は 8686diamond さんからお借りして編集しました。みなさぶろう70歳と1ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
小倉 生まれで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い 無法 一代 涙を捨てて 度胸 千両で 生きる身の 男 一代 無法松
空に ひびいた あの音は たたく太鼓の 勇駒 山車の 竹笹 提灯は 赤い 灯に ゆれて行く 今日は 祇園の 夏祭り 揃いの 浴衣の 若い衆は 綱を引出し 音頭とる 玄界灘の 風うけて ばちが はげしく 右左 小倉 名代は 無法松 度胸 千両の あばれうち
泣くな 嘆くな 男じゃないか どうせ 実らぬ 恋じゃもの 愚痴や 未練は 玄界灘に 捨てて 太鼓の 乱れ打ち 夢も 通えよ 男女波

posted by みなさぶろう at 20:55 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄色の彼岸花がやっと咲いた

昨年植えた黄色の彼岸花がやっと咲きました。赤色は少しだけしか増えなかった。今年はいつもより咲くのが遅いようだ。

20201014-1.jpg

20201014-2.jpg

20201014-3.jpg

キンモクセイ今年も咲きました。
20201009-3.jpg

posted by みなさぶろう at 17:37 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イムジン河を、ユニゾンで唄いました

みなさぶろうの92曲目「イムジン河」の take2で、初めてユニゾンを試しました😅

イムジン河2.png
作詞:朴世永/作曲:高宗漢。日本語詞:松山猛/編曲:加藤和彦。
今回ユニゾンという歌唱方法を初めて ajoshi さんから教わりました。ajoshi師匠いつもお世話になり、ありがとうございます。動画は Daniele Vidal さんからお借りしました。みなさぶろう70歳と1ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
イムジン河 水清く とうとうと流る 水鳥自由に むらがり飛びかうよ 我が祖国 南の地 おもいは はるか イムジン河 水清く とうとうと流る 北の大地から 南の空へ 飛びゆく鳥よ 自由の使者よ だれが祖国を 二つにわけて しまったの だれが祖国を わけてしまったの イムジン河 空遠く 虹よ かかっておくれ 河よ おもいを 伝えて おくれ ふるさとを いつまでも 忘れは しない イムジン河 水清く とうとうと流る リムジンガン マルグンムルン フルロフルロ ネリゴ ムッセドゥル チャユロイ ノムナドゥルミョ ナルゴンマン ネゴヒャン ナムチョクタン カゴパド モッガニ リムジンガン フルマ ウォナンシッゴ フルヌニャ

posted by みなさぶろう at 11:06 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「イムジン河/ザ・フォーク・クルセダーズ」

みなさぶろうの92曲目は、1968年(昭和43年)にリリースされたザ・フォーク・クルセダーズさんの「イムジン河」です。

表紙.png
昭和43年に発表されるがすぐに発売禁止になって、再リリースは2002年3月。作詞:朴世永/作曲:高宗漢。日本語詞:松山猛/編曲:加藤和彦。
アップ動画を探していた時に、この歌が出来た由来を物語にした、井筒和幸監督の映画 パッチギ!を知り、早速アマゾンで観て感動、涙しました。
高齢になると涙もろくなったのか、アップ動画を作っていても思い出しては😂でした😅 曲の終わり、暗い物語なのにエッチな言葉で笑ってしまうシーンの音声を入れました。動画は Daniele Vidal さんからお借りして編集しました。みなさぶろう70歳と1ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
イムジン河 水清く とうとうと流る 水鳥自由に むらがり飛びかうよ 我が祖国 南の地 おもいは はるか イムジン河 水清く とうとうと流る
北の大地から 南の空へ 飛びゆく鳥よ 自由の使者よ だれが祖国を 二つにわけて しまったの だれが祖国を わけてしまったの
イムジン河 空遠く 虹よ かかっておくれ 河よ おもいを 伝えて おくれ ふるさとを いつまでも 忘れは しない イムジン河 水清く とうとうと流る
リムジンガン マルグンムルン フルロフルロ ネリゴ ムッセドゥル チャユロイ ノムナドゥルミョ ナルゴンマン ネゴヒャン ナムチョクタン カゴパド モッガニ リムジンガン フルマ ウォナンシッゴ フルヌニャ
posted by みなさぶろう at 12:04 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「あしたのジョー/尾藤イサオ」

みなさぶろうの91曲目は、1970年(昭和45年)に発表された尾藤イサオさんの「あしたのジョー」です。

表紙.png
作詞:寺山修司/作曲:八木正生
アニメソング2曲めの「あしたのジョー」をアップするときは、全巻持ってるマンガ本から好きなカットを拝借して動画を作ろうと考えていたが、著作権違反での YouTubeアカウント削除まで、あと1回の身なので止めました。ネットから拝借したのを加工し、昔描いたイラストと現役時代の写真などで誤魔化してなんとかアップする動画を作成。動画を作っていて、そうかマンガの「あしたのジョー」が開始された頃にボクシングを始めたのだったのを思い出しました😅 みなさぶろう70歳と1ヵ月、ボクサー引退してから42年も経ったとは思えないほど、気持ちはまだまだ若者です😆 https://www.youtube.com/c/minasaburo
サンドバッグに 浮んで 消える 憎い あんちくしょうの 顔めがけ たたけ! たたけ! たたけ! 俺らにゃ けものの 血が さわぐ だけど ルルルル・・・・あしたは きっと なにかある あしたは どっちだ
親の ある奴は くにへ 帰れ 俺と くる奴は 狼だ 吠えろ! 吠えろ! 吠えろ! 俺らにゃ 荒野が ほしいんだ だけど ルルルル・・・・ あしたは きっと なにかある あしたは どっちだ
少年院の 夕焼け空が 燃えて いるんだ ぎらぎらと やるぞ! やるぞ! やるぞ!俺らにゃ 闘う 意地が ある だけど ルルルル・・・・ あしたは きっと なにかある あしたは どっちだ
  
posted by みなさぶろう at 18:06 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バラの木の根元に植えた朝顔がまた咲き出した

20200919-6.jpg

20200919.jpg

20200919-2.jpg

今年初めて3箇所の鉢に朝顔の種を植えたが、あまり咲いていなかったのでブログにはアップはしなかったが、昨日、今日と一輪づつ、いまだに咲いていたのでアップする気に😊

他の2箇所の朝顔は枯れてしまったが、バラの鉢に植えたのは、幹も太くて枯れなかったのでそのままにしていたら、今だに咲いてきた。

なので、8月に咲いていたのもアップです😅
20200919-3.jpg

20200919-4.jpg

20200919-5.jpg

ボクシングマンガ「あしたのジョー」が連載開始された昭和43年に上京しましたが、今そのアニメソングを練習してます😆
 

posted by みなさぶろう at 12:24 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「残雪/舟木一夫」

みなさぶろうの90曲目は、1968年(昭和43年)3月に発売された舟木一夫さんの「残雪」です。

表紙.png
日活映画「残雪」の主題歌。
作詞:高峰雄作/作曲・編曲:戸塚三博 作詞の高峰雄作は舟木さんのペンネームだとか。動画は 8823青春アーカイヴス さんからお借りして編集しました。
キーは +1。みなさぶろう70歳と0ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
雪国の雪国の 恋ははかなく 粉雪に粉雪に うもれて死んだ 結ばれぬ夢と知りつつ 求め合う心と心 ああ さいはての雪の世界か
どこまでもどこまでも 共に生きると 若き日の若き日の 憂を抱いて 人の世の流れの中に こぼれゆく花のつぼみは ああ 残雪の雪の白さよ
ひたすらにひたすらに 愛を求めて 帰りこぬ帰りこぬ 空の墓標に 悲しみをたたえて映える 残雪の光の中に ああ 永遠(とこしえ)の心がゆれる

  
posted by みなさぶろう at 11:35 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「サチコ/ニック・ニューサ」

みなさぶろうの89曲目は、1981年(昭和56年)に発売されたニック・ニューサ さんの「サチコ」です。

20200819.png
歌詞のサチコを2コーラスから女房の名前で唄っています😆
今日8月20日は女房の誕生日なんです😅 作詞・作曲:田中 収
動画は karaTube さんからお借りして編集しました。みなさぶろう70歳と0ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
暗い酒場の 片隅で 俺はおまえを 待っているのさ サチコ サチコ おまえの黒髪 俺はいまでも おまえの名前を 呼んだぜ 呼んだぜ 冷たい風に
今日もひとりで なか川ぞいを 歩く冷たい 俺のこの胸 サチコ サチコ おまえのひとみが 俺はいまでも おまえの名前を 呼んだぜ 呼んだぜ 冷たい風に
サチコ サチコ おまえのすべてを 俺はいまでも おまえのことを 好きだぜ 好きだぜ いついつまでも

  
posted by みなさぶろう at 09:20 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「兄弟仁義/北島三郎」

みなさぶろうの88曲目は、1965年(昭和40年)に発売された北島三郎さんの「兄弟仁義」です。

20200815.png
作詞:星野哲郎/作曲:北原じゅん 今日 70歳の誕生日に、大好きなこの演歌をアップしました😆
作曲の北原じゅんさんの名前は、西郷輝彦さんのデビュー曲などを作曲しているので知っていましたが、この「兄弟仁義」の作曲者だと知ったのは、この動画を編集した時でした。女房も 船村 徹さんだと思っていたそうです😅 動画は karaTube さんからお借りしました。https://www.youtube.com/c/minasaburo
親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎりの 義兄弟 こんな小さな 盃だけど 男いのちを かけてのむ
義理だ恩だと 並べてみたら 恋の出てくる すきがない あとはたのむと かけ出す露路に ふるはあの娘の なみだ雨
俺の目をみろ 何んにもゆうな 男同志の 腹のうち ひとりぐらいは こういう馬鹿が 居なきゃ世間の 目はさめぬ
posted by みなさぶろう at 09:34 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「君こそわが命/水原 弘」

みなさぶろうの87曲目は、1967年(昭和42年)2月に発売された水原 弘さんの「君こそわが命」です。

20200810.png
作詞:川内康範/作曲:猪俣公章
知人から好きな名曲だとリクエストいただきました。練習して みなさぶろうも大好きになりました😅
動画は karaTube さんからお借りしました。みなさぶろう69歳と11ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命
あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた
君こそ命 君こそ命 わが命
あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
posted by みなさぶろう at 10:17 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「傷だらけの天使/西郷輝彦」

みなさぶろうの86曲目は、1966年(昭和41年)11月に発売された西郷輝彦さんの「傷だらけの天使」です。
西郷輝彦さんは20曲目のカバーです。
20200728.png
作詞:我修院健吾/作曲:銀川晶子/編曲:小杉仁三
「傷だらけの天使」の作詞・作曲名は西郷輝彦さんのペンネームで、「我修院」はアメリカの作曲家、ジョージ・ガーシュインにちなんで名づけたとか。
動画は「歌の散歩道」さんからお借りして編集しました。
カラオケ曲にはバックコーラスが入っていないので、初めて自分の声で入れてみたが、なぜかアップすると入れたはずの音声が消えている。3度もやってダメだったのでやめたが、原因不明のまま。やはり女性の声の方が良いので、みなさぶろうの声のバックコーラスなんか入らないで良かった😆
みなみなさぶろう69歳と11ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
風が おしえて くれた 真心とは 強く生きる心 たとえ この身は 傷ついて いても 消しは しない 愛の灯は 苦しみの中に 一人生きる あゝ エンジェル エンジェル 傷だらけの エンジェル
風と いっしょに 生きる 強い嵐に もまれ もまれて 今日も 遠い幸福 求めて歩く この命の ある限り 苦しみの中に 一人生きる あゝ エンジェル エンジェル 傷だらけの エンジェル
風に 聞いて おくれ 孤独な道が どんなに けわしい道か だけど心に 真心抱いて この道の つづく限り 苦しみの中に 一人生きる あゝ エンジェル エンジェル 傷だらけの エンジェル
posted by みなさぶろう at 17:14 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「夕笛」take2

みなさぶろうの85曲目「夕笛」take2 は演歌風に唄いました😆

20200724.png

作詞:西條八十/作曲:船村 徹 動画は siawasesanさんのを編集しました。
みなさぶろう69歳と11ヵ月の時。
https://www.youtube.com/c/minasaburo
ふるさとの 蒼い月夜に ながれくる 笛の音きいて きみ泣けば わたしも泣いた 初恋の ゆめの ふるさと
おさげ髪 きみは十三 春くれば 乙女椿を きみ摘んで うかべた小川 おもいでは 花の よこがお
ふるさとへ いつの日かえる 屋敷町 ふるい あの町 月の夜を ながれる笛に きみ泣くや 妻となりても あゝ花も 恋も かえらず ながれゆく きみの 夕笛
posted by みなさぶろう at 16:56 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「夕笛/舟木一夫」

みなさぶろうの85曲目は、1967年(昭和42年)8月に発売された舟木一夫さんの「夕笛」です。

06152200.png
作詞:西條八十/作曲:船村 徹。動画は stones8823 さんからお借りしました。
みなみなさぶろう69歳と11ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
ふるさとの 蒼い月夜に ながれくる 笛の音きいて きみ泣けば わたしも泣いた 初恋の ゆめの ふるさと
おさげ髪 きみは十三 春くれば 乙女椿を きみ摘んで うかべた小川 おもいでは 花の よこがお
ふるさとへ いつの日かえる 屋敷町 ふるい あの町 月の夜を ながれる笛に きみ泣くや 妻となりても あゝ花も 恋も かえらず ながれゆく きみの 夕笛
posted by みなさぶろう at 15:52 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「さらば古い制服よ/舟木一夫」

みなさぶろうの84曲目は、1964年(昭和39年)3月に発売された舟木一夫さんの「涙の敗戦投手」のB面の曲、「さらば古い制服よ」です。

表紙0709.png
作詞:丘 灯至夫/作曲:戸塚三博/編曲:福田 正
作詞家の丘さんが書いた「さらば古い制服よ」は、舟木さんが学生服でデビューして1年、その学生服を脱がすために書いた曲だったとか。動画は 8823 青春アーカイヴス さんからお借りして編集しました。「みなさぶろうの舟木一夫カバー集」18曲目。みなみなさぶろう69歳と10ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
水の流れが かえらぬように 過ぎてゆく日は もどらない 君もそうだろ 僕だって 二度とおくれぬ 学生時代 古い制服も 淋しかろ
憎いあいつに 話せるあいつ 別れ別れにゃ なるけれど やがてどこかで また逢おう つらいあの日も たのしい歌も 古い制服は 知っている
風も吹くだろ この世の中は だけど僕たち いつまでも 声をかけよう 励まそう 君はセーラー 僕つめえりの 古い制服よ さようなら

 
posted by みなさぶろう at 11:31 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「時には娼婦のように/黒沢年雄」

みなさぶろうの83曲目は、1978年(昭和53年)2月に発売された 黒沢年雄さんの「時には娼婦のように」です。

黒沢年雄.png
作詞・作曲:なかにし礼
この歌は30代〜50代の頃、友人などと行ったカラオケスナックで何度か唄いました。酔わないと唄えない歌ですが、酔わないと人前では唄えませんでした😅 動画は 歌チャンネルk17 heie さんからお借りしました。みなみなさぶろう69歳と10ヵ月の時。https://www.youtube.com/c/minasaburo
時には娼婦のように 淫らな女になりな 真赤な口紅つけて 黒い靴下をはいて 大きく脚をひろげて 片眼をつぶってみせな 人差し指で手まねき 私を誘っておくれ
バカバカしい人生より バカバカしいひとときが うれしい ム… ム… 時には娼婦のように たっぷり汗をながしな 愛する私のために 悲しむ私のために
時には娼婦のように 下品な女になりな 素敵と叫んでおくれ 大きな声を出しなよ 自分で乳房をつかみ 私に与えておくれ まるで乳呑み児のように むさぼりついてあげよう バカバカしい人生より バカバカしいひとときが うれしい ム… ム… 時には娼婦のように 何度も求めておくれ お前の愛する彼が 疲れて眠りつくまで
posted by みなさぶろう at 11:09 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.