みなさぶろうの「沢内甚句/岩手県民謡」

沢内甚句」の歌詞の内容は「飢饉の際に盛岡藩に年貢米の減免を願う代わりに、同地域の庄屋の娘を差し出したという話をもとにしている」という悲しい歌だとか。

20230728.png

深川ふれあいセンターで開講された「令和5年 春期 民謡講座(全8回) 楽しい民謡」を受講し、6曲の民謡を知りました。
以下の様なコメントを頂いたりと、大変勉強になった「民謡講座」でした。

民謡はその土地の言葉が活かされる唄なので、素朴だけれど響きますよね。
父が東北出身でしたので余計感じるのだと思います。
民謡は発声が全然違うので先に歌謡曲を始めているので難しいですね。
余分なビブラートも必要ないような東北民謡は格好いい!

みなさぶろう 72歳と11ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

沢内 三千石 お米の出どこ 
 ハイハイトー キターサ
付けて 納めた コリャ お蔵米
 ハイハイトー キターサ

大志田 歯朶の中 貝沢野中 
 ハイハイトー キターサ
まして 大木原 コリャ 嶽の下
 ハイハイトー キターサ

沢内 三千石 ところの習慣
 ハイハイトー キターサ
姉は妹の コリャ 仲人する
 ハイハイトー キターサ

月の夜でさえ 送られました
 ハイハイトー キターサ
一人 帰さりょか コリャ この闇に
 ハイハイトー キターサ
posted by みなさぶろう at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「夢ん中/小林 旭」

1978年(昭和53年)2月に発売された小林 旭さんの「夢ん中」です。

0417.png

作詞:阿久 悠/作曲:森田 公一 
1995年に坂本冬美さんがカバーされてます。
みなさぶろう 72歳と8ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

指のつめたさ うなじの細さ
肩のはかなさ まつ毛の長さ
すべて重たい 悲しみつれて
ひとりお前は 生きている
男もつらいし 女もつらい
男と女は なおつらい
だけど泣くなよ 泣くじゃない
酸いも甘いも 夢ん中

酒はにがいし 煙草はからい
紅はとけるし 寝床は寒い
そんなお前の 肩抱き寄せて
惚れたようだと 俺はいう
男もつらいし 女もつらい
男と女は なおつらい
それでいいのさ いいんだよ
逢うも別れも 夢ん中

男もつらいし 女もつらい
男と女は なおつらい
それでいいのさ いいんだよ
逢うも別れも 夢ん中
posted by みなさぶろう at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「会津磐梯山(福島県民謡)」

区民センターで開講されてる民謡講座を受講しました。
会津磐梯山」は受講曲には入ってないのですが、リクエスト頂きました。

20230702.png

歌謡曲風 民謡です😄
みなさぶろう 72歳と10ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

エンヤー 会津磐梯山は 宝のコリャ山よ
笹に黄金が エーマタ なり下がる

エンヤー 東山から 日日のコリャ便り
行かざなるまい エーマタ 顔見せに

小原庄助さん 何で身上潰した
朝寝、朝酒、朝湯が大好きで
それで身上潰した
ハァ モットモダー モットモダ

エンヤー 会津磐梯山に 振袖コリャ着せて
奈良の大仏 エーマタ 婿にとる

エンヤー 会津盆地の 緑のコリャ夏よ
風もほがらに エーマタ 鶴ケ城
posted by みなさぶろう at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「熊野灘/鳥羽一郎」

1988年(昭和63年)に発売された鳥羽一郎さんの「熊野灘」です。

20191207.png

作詞:山本 茂/作曲:中村典正
20年以上前、熊野市で行われた中学の同級会で、演歌好きが「熊野灘」を歌い、その時に初めてこの曲を知りました。
みなさぶろうが「兄弟船」を歌ったのですが、その演歌好きに2番以後を歌い取られた思い出が😂

動画は、熊野に帰省した時に撮ってあった動画や写真で作っています。
みなさぶろう 69歳と4ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburoh

波と岩との 喧嘩場岬 本州南端 潮岬よ
男だったら 後には引けぬ 賭けもあるのさ 一生に 一度
躍れ黒潮 熊野灘

那智の火祭り 真夏を焦がし 汗がとばしる ああ鬼ヶ城
俺の門出を 祝ってくれる 熊野三山 山また山が
はるか広がる 熊野灘

命まるごと 鯨に乗って 海を塒に 暴れた話
聞いて育った 紀州の男 だからどでかい 望みを腹に
生きて行くのさ 熊野灘
posted by みなさぶろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「されど人生 / 鳥羽一郎」

2023年1月11日に発売された鳥羽一郎さんの「されど人生」です。

20230115.png

作詞:かず 翼/作曲:徳久広司/編曲:南郷 達也
みなさぶろう 72歳と5ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

酔い醒め水の 冷たさが
五臓六腑に 沁みわたる
旧友を送った 冬の夜
もう一度 ひとりで飲み直そうか
されど人生…
おまえの分まで 生きるさと
写真につぶやく 別離の酒だ

何年ぶりで 逢った女
時が昔へ 巻き戻る
胸に切ない 初恋は
遠くに流れて 消えゆく星か
されど人生…
彼女をおまえと 張り合った
あの日が青春 思い出酒だ

倖せだった おまえには
悔やむことなど ないだろうな
俺もいつかは 行くからさ
しばらくのんびり やっててくれよ
されど人生…
今から始まる 夢もある
夜更けにしみじみ 別離の酒だ
posted by みなさぶろう at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「君恋列車/二見颯一」

2022年11月2日に発売された二見颯一さんの「君恋列車」です。

1108.png

作詞:かず翼/作曲:水森英夫/編曲:竹内弘一
動画は duranta100 様からお借りして編集しました。
みなさぶろう 72歳と3ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

あの日別れた 小雪のホーム
今日は小雨が 見送ってくれる
ひとりで残され 初めて知った
心の隙間は 埋まらない
走れ 走れ 走れ… 君恋列車
君のふるさと 青森行きの

胸のポケット 潜めた指輪
そっとさわれば 勇気をくれる
冷たい噂に 泣いてた君を
命を懸けて 守りたい
走れ 走れ 走れ… 君恋列車
次駅は盛岡 面影乗せて

二度とこの愛 離しはしない
夢を探そう ふたりの夢を
別れのつらさに 背中を押され
迎えに来たんだ 逢いに来た
走れ 走れ 走れ… 君恋列車
遠く見えるは お岩木山か
posted by みなさぶろう at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「宮城 田ならし唄謡」(宮城県民)

宮城田ならし唄」は深川ふれあいセンターで開講された、民謡講座「楽しい民謡」を受講して覚えました。

20230725.png

深川ふれあいセンターで開講された、令和5年 春期 民謡講座(全8回)「楽しい民謡」を受講して覚えましたが、歌謡曲風 民謡です😄
この「宮城田ならし唄」のカラオケが無かったので、受講中(2023.06.14)の音声を無断で使用しました。
講師の先生ごめんなさい。

みなさぶろう 72歳と11ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

春が来た エエ ソーリャ 春が来た
コン コン 小雨の 降る中をエー
コン コン 小雨の 降る中をエー
ハア ドッコイ ドッコイ ドッコイナァ

うぐいすは エエ ソーリャ 声が良い
どこで 生まれて 声が良いナー
どこで 生まれて 声が良いナー
ハア ドッコイ ドッコイ ドッコイナァ

奥山のォ エエ ソーリャ 滝の沢の
滝に 打たれて 声が良いナー
滝に 打たれて 声が良いナー
ハア ドッコイ ドッコイ ドッコイナァ

嫁御来た エエ ソーリャ 嫁御来た
山の でんぼ持ちゃ 嫁御来たナー
山の でんぼ持ちゃ 嫁御来たナー
ハア ドッコイ ドッコイ ドッコイナァ
posted by みなさぶろう at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「広島木遣り唄」(広島県民謡)

「広島木遣り唄」は、深川ふれあいセンターで開講中の、令和5年 春期 民謡講座「楽しい民謡」を受講して覚えました。

20230722.png

みなさぶろうの唄う民謡は、歌謡曲風民謡です😄
みなさぶろう 72歳と11ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

イーヤーハーアア 
めでためでたが 三つ重なりて
ヤレ庭にゃ 鶴亀 五葉の松
ソリャ ヤートコセー ヨーイヤナ
アレワイセ コレワイセ サーナンデモセ

イーヤーハーアア
安芸の宮島 回れば七里 
ヤレ浦は 七浦 七恵比寿
ソリャ ヤートコセー ヨーイヤナ
アレワイセ コレワイセ サーナンデモセ

イーヤーハーアア
揃た揃たよ 若い衆が揃た
ヤレ稲の 出稲より またよく揃た
ソリャ ヤートコセー ヨーイヤナ
アレワイセ コレワイセ サーナンデモセ

イーヤーハーアア
恵比寿 大黒 出雲の国の
ヤレ西と 東の 守り神
ソリャ ヤートコセー ヨーイヤナ
アレワイセ コレワイセ サーナンデモセ
posted by みなさぶろう at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「石巻港節 (宮城県民謡)」

区民センターで開講されてる民謡講座に参加して「石巻港節」を覚えました。

20230626.png

みなさぶろう 72歳と10ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

日和山から 松島あたり
松の緑が霞の中に
浮いて見えます ほのぼのと
トコヤッサイ ヨーイヤナ
アノ ほのぼのと

出船入船 港は盛る
中を出てゆく 金華山通い
ほんに良いとこ 石巻
トコヤッサイ ヨーイヤナ
アノ 石巻

水の都の 灯籠流し
空に咲く花 七色十色
ゆかし なつかし 川開き
トコヤッサイ ヨーイヤナ
アノ 川開き
posted by みなさぶろう at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「ソーラン節(北海道民謡)」

区民老人福祉センターで開講された「楽しい民謡」を受講して「ソーラン節(そうらん節)」を唄いました😄

20230613.png

区民老人福祉センターで開講されてる、令和5年 春期 民謡講座(全8回)「楽しい民謡」を受講しました。
民謡講座のテーマ曲になっている「ソーラン節(そうらん節)」を毎回最初に合唱します😄
民謡は、歌詞や歌い方が地方によって違うようですね。
みなさぶろう 72歳と10ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

 (ハア ドッコイ)
ヤーレン ソーラン ソーラン 
ソラン ソーラン ソーラン
 (ハイ ハイ)
にしん来たかと 鴎に問えば 
わたしゃ立つ鳥 波に聞け チョイ
ヤサエー エンヤ サノ ドッコイショ
(ハア ドッコイショ ドッコイショ)

今宵一夜は 緞子の枕
明日は出船の 波枕 チョイ

男度胸なら 五尺のからだ 
どんと乗り出せ 波の上 チョイ

沖で鴎の 啼く声聞けば
船乗り稼業は やめられぬ チョイ
posted by みなさぶろう at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「宇宙戦艦ヤマト(オーケストラバージョン)/ささきいさお」

1974年(昭和49年)に日本テレビ放送網で放映された宇宙戦艦ヤマトです。

表紙.png

作詞:阿久 悠/作曲:宮川 泰

動画は Kaoru Redruby さんのを拝借して編集しています。
みなさぶろう 69歳と7ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

さらば地球よ 旅立つ船は
宇宙戦艦ヤマト
宇宙の彼方 イスカンダルへ
運命背負い 今とび立つ
必ずここへ 帰って来ると
手をふる人に 笑顔で答え
銀河をはなれ イスカンダルへ
はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト

さらば地球よ 愛する人よ
宇宙戦艦ヤマト
地球を救う 使命を帯びて
戦う男 燃えるロマン
誰かがこれを やらねばならぬ
期待の人が 俺たちならば
銀河をはなれ イスカンダルへ
はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
posted by みなさぶろう at 14:39 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「一心太助江戸っ子祭り/舟木一夫」

1967年(昭和42年)1月に発売された舟木一夫さんの「一心太助江戸っ子祭り」です。

20230406.png

作詞:関沢新一/作曲:山路進一

動画は、東映映画様から拝借しました。
みなさぶろう 72歳と7ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

さあ さあ さあ
どいた どいた どいた どいた どいた
邪魔するねえ
てやンでい 二本差しがこわくって
田楽が食えるかってンだ!

生まれついての 勇肌
足の先から 頭まで
意気と張りとが ピンピンしてらあ
おどし無理押し 横車
通しちゃならねえ べらんめえ!
通しちゃ男の オット 名がすたる
◎恋は深川八幡宮
 何も湯島は天神で
 腹はちょっぴり数寄屋河岸
 銭が内藤新宿で
 恐れ入谷の鬼子母神
 ぴいぴい どんどん神楽坂
 酔うて九段の坂の下
 あの娘ハラハラ駿河台

江戸の雀も まねをする
ここが天下の 一大事
人のためなら 一心太助
野暮であろうと なかろうと
一肌ぬいだら べらんめえ!
とことん男を オット かけてやる
◎くりかえし

肩にかついだ 天びんに
咲いたうれしい 恋の花
散るか散らぬか オット 気にかかる
◎くりかえし
posted by みなさぶろう at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「どうしているかい/舟木一夫」

1980年(昭和55年)10月に発売された舟木一夫さんの「どうしているかい」です。

表紙665.png

作詞:吉法かずさ/作曲:徳久広司/編曲:竹村次郎
動画は pixabayさんの動画を編集して作成しました。
みなさぶろう 71歳と6ヵ月の時。
hhttps://www.youtube.com/@minasaburho2

どうしているかい 幸せかい
いまでも一人で いるのかい
季節が花を 変えるよに
五年の月日が 俺を変えたよ
どうしているかい 幸せかい
笑顔にかくした おまえの涙
いまなら拭いて あげられるのに

どうしているかい 幸せかい
くやんでみたって 遅いかい
横浜あたりに いるという
手さぐりみたいな 噂聞いたよ
どうしているかい 幸せかい
すこしのお酒で 目のふち染めた
おまえの面影 グラスに浮かぶ

きがかりなのさ いまだって
無理してからだを 悪くするなよ
どうしているかい 幸せかい
苦労に負けたら 昔のままの
笑顔のおまえで 帰っておいで
 
posted by みなさぶろう at 09:02 | Comment(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「遠き昭和の⋯/小林 旭」

2010年(平成22年)4月21日に発売された小林旭さんの「遠き昭和の…」です。

20230512.png

作詞:高田ひろお/作曲:杉本眞人
動画は 歌チャンネルx03 heie様から拝借して編集しました。
みなさぶろう 72歳と8ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

あの人 この人 あの顔 この顔
みんなどうして いるんだろう
酒とタバコと 遊びに暮れた
やんちゃ時代の 仲間たち
元気でいるか 変わりはないか
遠き 昭和の まぶしい時代

あいつに こいつに あの恋 この恋
修羅場くぐった こともある
酔いどれ男 薄情おんな
俺もおまえも 泣かされた
思い出だけが こころを巡る
遠き 昭和の まぶしい時代

あの歌 この歌 あの夢 この夢
今も覚えて いるだろか
安い酒場で 酒酌み交わし
語り明かした 夜もある
喧嘩もしたさ 突っ張りもしたさ
遠き 昭和の まぶしい時代
遠き 昭和の 灯りが恋し
posted by みなさぶろう at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「風は海から吹いてくる/赤木圭一郎」

1961年(昭和36年)1月9日公開された映画「俺の血が騒ぐ」の挿入歌、赤木圭一郎さんの「風は海から吹いてくる 」です。

20230304.png

作詞:西川孝之助/作曲:山本直純

赤木圭一郎さんの歌を口ずさむと10代の時にタイムトリップします😎
みなさぶろう 72歳と6ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

風は海から吹いてくる
海を見ていりゃ ファイトが湧くぜ
向う見ずなら それもよし
胸にひろがる でかい夢
ケチな野郎の 知ったこっちゃないさ
鴎よ 鴎よ なあ おい
海はイカスぜ ゴキゲンだ

遠い国から吹いてくる
風を吸おうぜ 腹いっぱいに
かっと頭にきたときは
海に向かって ほえてみろ
胸のモヤモヤ スカーッとするぜ
鴎よ 鴎よ なあ おい
海はイカスぜ ゴキゲンだ

風は海から吹いてくる
海はまぶしい ギラギラ波だ
波がささやく セレナーデ
恋をなくした 涙なら
汐の夜風に すぐ乾くだろ
鴎よ 鴎よ なあ おい
海はイカスぜ ゴキゲンだ

#みなさぶろう
#赤木圭一郎
#風は海から吹いてくる
posted by みなさぶろう at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みなさぶろうの「木挽哀歌 / 舟木一夫」

1965年(昭和40年)1月に発売された舟木一夫さんの「火消し若衆」のB面「木挽哀歌」です。

20230224.png

作詞:安部幸子/作曲:遠藤 実/編曲:安藤実親

夭折の作詞家、安部幸子さんの26作品のほとんどが死後の発表です。
安部さんの早逝に舟木さんが号泣したと、当時の週刊誌記事にありました。
みなさぶろう 72歳と6ヵ月の時。
https://www.youtube.com/@minasaburho2

木挽き歌だよ さびしかないよ
木挽き歌だよ もうじき日暮れ
谷の向こに 山里かくし
日暮れおろしが 胸にも吹くよ
胸にも吹くよ ホイ

椎の大木 いかだに組んで
水に流せば 木場にとどくよ
いえず別れた 言葉はどこに
流しゃあの子の 胸にとどくよ
胸にとどく ホイ

泣いて見ていた ひとみを写す
谷の湧きみず いつまで白い
木挽き音だよ さびしかないよ
木挽き音だよ もうじき日暮れ
もうじき日暮れ ホイ
posted by みなさぶろう at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | カラオケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright @ 2015.7 みなさぶろうの趣味と運動 トップに戻る all right reserved.